刑務所施設から受刑者逃走 24時間態勢で捜索続く!

時事コラム

刑務所施設から受刑者逃走 24時間態勢で捜索続く

8日夜、愛媛・今治市の刑務所施設から脱走した受刑者の男は、いまだ逃走中。
警察による、24時間態勢での捜索が続いている。

逃走を続けているのは、松山刑務所・大井造船作業場から脱走した、平尾龍磨容疑者(27)。

平尾容疑者は施設を脱走後、逃走に使用したとみられる盗難車を、尾道市向島の駐車場に乗り捨てて以降、その後の足取りがわかっていない。

防犯カメラの映像では、尾道大橋を渡る姿などは確認されておらず、車が発見された場所から、およそ2km離れた中学校周辺で、平尾容疑者のものとみられる白い靴が発見されたことなどから、警察は、平尾容疑者がまだ向島にいるものとみて、24時間態勢での捜索を行っている。



愛媛県の刑務所施設から受刑者が逃走している事件で、
男が潜伏しているとみられる尾道市の向島で、
9日夜から10日朝にかけて
自動車から現金が盗まれていたことがわかりました。
警察は関連を調べています。

指名手配されているのは、
愛媛県今治市の刑務所施設で
窃盗などの罪で服役していた平尾龍磨受刑者です。

警察は、平尾受刑者が尾道市の向島に潜伏しているとみて、
捜索を続けています。

警察によりますと、
10日朝、島の路上に止めてあった軽自動車から、
現金数千円が盗まれていたことがわかりました。

軽自動車を所有する男性によりますと、
午前7時頃に車のドアをあけたところ車内が荒らされ、
座席の下にあった
現金を入れた箱が無くなっていたということです。

車の所有者
「お金が9千円と小銭が数百円あった」

また、8日夜から9日未明にかけて、
島の住宅から現金が盗まれる被害もあったことから、
警察は、
島に潜伏を続けている平尾受刑者の犯行の可能性もあるとみて、
捜索を続けています。


コメント