欅坂46・平手友梨奈、『響 – HIBIKI -』で映画デビュー&初主演

欅坂46・平手友梨奈、『響 - HIBIKI -』で映画デビュー&初主演



アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈(16)が、映画『響 – HIBIKI -』で初の映画出演にして初主演を務めることがわかった。

同映画は「マンガ大賞2017」で大賞を受賞した『響 ~小説家になる方法~』の実写化作品で、平手が演じるのはデビュー作で芥川賞と直木賞をW受賞した天才女子高生・鮎喰響(あくいひびき)。信念を曲げず建前やごまかしを許すことができない性格で、型破りな役どころとなっている。

大人や大衆への不信感・反抗心を歌うことが多い欅坂46において、デビュー曲の「サイレントマジョリティー」以降、6作連続でセンターを務めパフォーマンスを行ってきた平手。映画出演のオファーに悩んだ末、原作を読んで出演を決意したといい「もしかしたらいろんな人を困らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりするかもしれないけれど、見てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいなと思っています」と初主演への意気込みを語った。

欅坂46・平手友梨奈、『響 - HIBIKI -』で映画デビュー&初主演



 響の才能を見出す女性編集者・花井ふみ役を演じる女優の北川景子(31)は、平手に対し「アイドルとしての絶対的な存在感が響と共通すると思います。一緒にお芝居するのが楽しみです」とコメント。

さらに、高嶋政伸(51)、柳楽優弥(28)ら実力派俳優陣の出演も決定。ヒロインを軸に人々の心の葛藤を描く映画『響 – HIBIKI -』は9月公開予定となっている。

関連記事

BTS関係者が在韓被爆者に謝罪 協会は日本への不満も

キムタクと2ショット解禁 コウキを操る工藤静香のシタタカ戦略

加藤浩次がBTSらの非常識さを批判「歴史認識がなっていない」

BTS、騒動に謝罪も“原爆看板持ち込み”怪情報も噴出で収拾つかず!

【衝撃報道】ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

超人気ユーチューバ―、「GLAY」TERUの娘だった メイク動画で登録者35万人

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です