本田圭祐、ウィル・スミスらと113億円規模のベンチャーファンド設立へ!

本田圭祐、ウィル・スミスらと113億円規模のベンチャーファンド設立へ!

 

ワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表の本田圭佑が米国の人気俳優ウィル・スミスとともに1億ドル(約113億円)規模のベンチャーファンドを今月中に設立すると18日、本田の所属事務所が明らかにした。「ドリーマーズ・ファンド」との名称で、野村ホールディングスも参画する。

米国を中心とした新興企業に投資する。投資先の対象は本田、スミスの専門分野であるスポーツ、映画関連に限らず、幅広くなる見通しという。2人が投資先の面接を行うケースもあるとしている。

以前の記事↓

日本代表MF本田圭佑はハリウッドスターも魅了しているようだ。ロシア・ワールドカップ(W杯)の閉会セレモニーに参加予定となっているアメリカの俳優ウィル・スミスが13日の記者会見に出席し、「ケイスケ・ホンダは本物のグッドガイだ!」と称賛している。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」オーストラリア版などが報じた。

15日にモスクワのルジニキ・スタジアムでロシアW杯のファイナルゲームとなる決勝フランス対クロアチア戦が行われる。同じ会場で13日に記者会見が行われ、閉幕セレモニーに登場するハリウッド俳優ウィル・スミスが出席。「ロシアW杯で最もクールな選手は誰か?」と問われ、ブラジル代表FWネイマール、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続き、3人目の選手として本田の名前を挙げている。

「ネイマールはアメージングだ。会おうと思って少なくとも10回はコンタクトを取っているんだけど、今のところまだ決まっていないね」と切り出したウィル・スミス氏。ファウルを過剰にアピールするネイマールの姿が話題を集めたなか、「人生には良い時も悪い時もある」と語るにとどまっている。

二人目として名指ししたのがロナウドだった。「クリスティアーノが好きだよ。彼は申し分のない振る舞いをするし、周囲の人に対して素晴らしい対応を見せるからね」とピッチ外での言動に感銘を受けているようだ。