RENA「普通の女の子に戻る」浅倉カンナに連敗で休養へ

総合格闘技・RIZIN.11」(29日、さいたまスーパーアリーナ)

RIZIN女子スーパーアトム級GP初代女王の浅倉カンナ(20)=パラエストラ松戸=に敗れたシュートボクシングの“ツヨカワクイーン”RENA(27)=シーザージム=が格闘技を一時休業する考えを示した。

RENAは昨年大みそかに浅倉にRIZINでの初黒星をつけられ、5月の大会のリング上で直訴して物議を醸しながら再戦にこぎ着けたが、この日は浅倉のグラウンド技術に主導権を握られて判定負け。前回の対戦より善戦したことで「成長も感じられて、すごく楽しかったのは大きい」と話しながらも、「今は少しちょっと格闘技を離れたい。また見つめ直したい。普通にジムに顔を出したりしますが、一回、普通の女性に戻って、いろんな所に行ってリフレッシュしたい」と希望した。

浅倉カンナは3度目は…、「しっかり断ります」。

 女子スーパーアトム級GP初代女王の浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)が、3度目の対戦を断る意思をみせた。

 メインカードで、昨年のGP決勝で1回一本勝ちした“ツヨカワクイーン“RENA(27=シーザージム)と再戦。タックル対策を積んできた相手に関節技でフィニッシュまで持ち込めなかったが、優勢に試合を進めて3-0の判定勝ちで返り討ちした。試合後に報道陣から質問を受けると、「もう一丁は断ります」と毅然(きぜん)と述べた。

 5月の福岡大会では、勝利のリングにRENAが登場し、再戦要求された。自身の試合展開も良くなく、「もじもじしてしまった」と明瞭に意思を示すことができず、最終的には受託する形になった。総合格闘技を始めたきっかけになったのがRENAで、「今回もすごく複雑で…」と心理面で苦しむ部分があった。この日で2連勝と飾り、次は違う方向に向かいたい。

 「RENAさんのおかげでメインもできた。まだまだあこがれの選手ですね」と敬意は変わらない。「ここを乗り越えたからこそ、壁にぶち当たってくる。それをモチベーションに頑張りたい」と今後を見据えた。

 RENAは浅倉との再々戦について「すぐにはできないと思うので。私の成長レベルは今日の試合でいえば成長しているので、受けてくれたら次は負けないぞと。でも、私もいろんな選手と戦いたいし、海外にも挑戦したい。浅倉選手にこだわらず、そういう面も考えていったん格闘技から離れようかなと思います。休みます」と答えた。


関連記事

キムタクと2ショット解禁 コウキを操る工藤静香のシタタカ戦略

加藤浩次がBTSらの非常識さを批判「歴史認識がなっていない」

BTS、騒動に謝罪も“原爆看板持ち込み”怪情報も噴出で収拾つかず!

【衝撃報道】ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

超人気ユーチューバ―、「GLAY」TERUの娘だった メイク動画で登録者35万人

【動画あり】Hした有名イケメン俳優を暴露!? “Iカップ”ギャラ飲み女子のお触りに千鳥ノブもどんどん本気に!?|『チャンスの時間』#24 毎週火曜24時放送中

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です