乃木坂46・与田祐希&山下美月が梅澤美波に嫉妬!?「これが公開処刑なんだな」 映画『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』完成披露舞台挨拶


『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の「完成披露上映~ホーク生誕祭~」が8月6日(月)に新宿バルト9で行われ、梶裕貴、久野美咲、よゐこの有野晋哉と濱口優、乃木坂46の梅澤美波、山下美月、与田祐希の7人が登壇した。

今回のイベントに登壇したのは、本作で団長・メリオダス役の声優・梶裕貴、ホーク役の声優・久野美咲、応援隊長を務め、劇中では声優としても参加しているよゐこの有野晋哉と濱口優、主題歌を担当した乃木坂46の梅澤美波、山下美月、与田祐希が登壇した。

TVシリーズに引き続きの参加となった梶は「大きなスクリーンでご覧いただけるのがうれしい。新キャラクターもたくさん登場して、原作ファンも新規のファンも楽しめる内容」と自信を見せた。同じくTVシリーズからの参加となる久野は「本当にうれしかった。アフレコも2日間まるまるかけて、合宿のようですごい楽しかった」と振り返った。

また、今回少しだけ声優として参加したという濱口は「メイン(の声優)の横に立つには恥ずかしいくらいの出番の少なさ」と笑わせつつ、役柄は自身と似せて描いてもらったといい、笑顔を見せた。

ここで本作の主題歌を担当する乃木坂46の梅澤、山下、与田が登壇。この楽曲でセンターを務める梅澤は「イントロからワクワクするメロディ」と言い、「空の上が舞台というストーリーにあう歌詞が作品にマッチしていて、さわやかで夏にピッタリな楽曲」と自信を見せた。またセンターを務めることについては「プレッシャーはある」と言いつつも、「待望の映画化で、その作品がこの曲でパワーアップしていけば」と期待した。



この日は、人語を理解する豚のホークの生誕祭ということで、食いしん坊エピソードとして“好きな食べ物”を聞かれた梶は「豚しゃぶ」と答え、会場は笑いに包まれた。さらにこの日は、8月6日で“ハムの日”だからホークの誕生日だということが明かされ、「今日の夜も豚しゃぶを食べたい」と語り、会場はさらに笑いに包まれた。

そんなホーク役の声優を務める久野は「演じ始めたときは豚肉を食べられなくなった」と明かしつつも、「今はみんなで楽しく豚しゃぶを食べます」と語り、会場の笑いを誘った。さらに久野は「豚汁が好き」と答え、ホーク風に「おれは豚汁が好きだ!」と話し、観客からは声援と拍手が寄せられた。

また、乃木坂46の食いしん坊キャラを聞かれ、山下は「松村沙友里さんはずっと食べてる。白米が大好きで、昨日も大阪でのライブで、ステージに炊飯器を持ってきて食べ始めた」と語り、観客からは驚きの声を笑いが起きた。さらにその行動について「プロのアイドルだなと思った」と答え、笑いを誘った。

続けて、七つの大罪の一つ“嫉妬の罪”にちなんで、山下は隣に立つ梅澤について「とにかくスタイルがいい。すごい足が長くて、私の顔くらいに腰があるんじゃないかと・・・」と答えると、梶からは「だいぶ盛りましたね(笑)」とするどいツッコミが入り、山下は「隣に並ぶのが恥ずかしい」と語った。それに対して、身長が低いという与田は、梅澤の隣に並び「これが公開処刑なんだなと」と語り、会場は笑いに包まれた。

最後に梶は「夏休みにピッタリの大人から子どもまで楽しめる映画です」と本作をアピールし、イベントを締めた。

累計2800万部突破の大ヒットコミックを原作者・鈴木央描き下ろし完全新作オリジナルストーリーで映画化した本作。現在放送中のTV新シリーズ「七つの大罪 戒めの復活」(MBS/TBS系全国ネット、毎週土曜日6:30)は、すでに3度目のTVアニメ化であり、満を持しての劇場アニメ―ション化となる。剣や魔術のド派手なアクション、互いを支え合う仲間たちの熱い絆、そして涙なしには見られない胸を打つ感動的なストーリー―その全てがぎゅっとつまった痛快無比のヒロイック・ファンタジー。



関連記事

キムタクと2ショット解禁 コウキを操る工藤静香のシタタカ戦略

加藤浩次がBTSらの非常識さを批判「歴史認識がなっていない」

BTS、騒動に謝罪も“原爆看板持ち込み”怪情報も噴出で収拾つかず!

乃木坂46知ってる??

乃木坂46としてラストの舞台に挑む若月佑美「新しい1歩を踏み出す私を示します!」

【衝撃報道】ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です