元乃木坂46生駒里奈、今後は「好きなことの質を上げたい」親友アイドルと“卒業論”かわす

今年4月に乃木坂46を卒業した生駒里奈が、今後の仕事について語った。親友であるアイドルグループ・でんぱ組.incの「ピンキー!」こと藤咲彩音に対して、卒業について助言を送る一幕もあった。

 7月31日に生放送された映像配信プラットフォーム「FRESH LIVE」のバラエティー番組「藤咲彩音の『#ピンキーハウス!』」では、藤咲と生駒による台湾ロケのVTRも公開された。対談の中で生駒は「ずっと自分の好きなことをやれていたらそれでいいかなと思っているけど、好きなことの質を上げたいから、もっとレッスンとかしていきたい」と今後について語った。

一方の藤咲は、「スポーツ系をやりたい気持ちが大きい。マラソンとか、富士山登ったりとかしているけど、その良さをいろんな人に伝えたい。あとは振り付けとかもやりたいなと思ってる。自分のユニットとか、他のメンバーの曲を振り付けしたりはしているけど、もう少し外部にも出来たらいいなと思うので、勉強したいと思ってます」と展望を明かした。

話題はお互いの「卒業」に対する考え方にも及んだ。藤咲自身も卒業を考えた過去があったらしい。「一度、辞めたいと思った時期があったのね。メンバーに『そんなことを軽々しく言うな』って言われた。それは人生経験として、すごく良い経験したと思う。もし自分が活動していって、卒業というタイミングがあったとき、ちゃんと向き合えるのかな」と胸の内を明かした。

生駒から「ピンキーはでんぱ組にいて、いろいろあったからこそ続けなきゃいけないという思いもあって、でも自分のことも考えたいし、すごく迷っている。難しい問題だと思うけど、胸張って『このグループでやって楽しかったな』と思えた瞬間に辞めていい気がする。グループってそういうもの」とアドバイスを送られて、藤咲は頷いていた。



関連記事

キムタクと2ショット解禁 コウキを操る工藤静香のシタタカ戦略

加藤浩次がBTSらの非常識さを批判「歴史認識がなっていない」

BTS、騒動に謝罪も“原爆看板持ち込み”怪情報も噴出で収拾つかず!

乃木坂46知ってる??

乃木坂46としてラストの舞台に挑む若月佑美「新しい1歩を踏み出す私を示します!」

【衝撃報道】ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です