夏の高校野球 報徳学園が聖光学院との接戦制す

第100回全国高校野球選手権記念大会は第7日の11日、阪神甲子園球場で1回戦2試合と2回戦2試合の計4試合。この試合から2回戦となる第3試合は、報徳学園(東兵庫)が聖光学院(福島)との接戦を制し、3回戦に進んだ。

報徳学園は初回、先頭打者の小園が2塁打と犠打で三塁まで進むと、3番・長尾の遊ゴロの間に生還。六回に同点とされたが、八回に1番・小園が今日3本目となる二塁打を左前に放ち、2番・村田が犠打で三塁へ送ると、3番・長尾の左前適時打で勝ち越した。聖光は1点を追う六回に4番・須田、5番・五味、6番・星の3連打で同点に追いつき、なおも無死一、二塁の好機を迎えたが、交代した報徳学園の2番手投手・木村に後続を抑えられた。

 ○報徳学園(東兵庫)3-2聖光学院(福島)●(11日・阪神甲子園球場、2回戦)

関連記事

キムタクと2ショット解禁 コウキを操る工藤静香のシタタカ戦略

加藤浩次がBTSらの非常識さを批判「歴史認識がなっていない」

BTS、騒動に謝罪も“原爆看板持ち込み”怪情報も噴出で収拾つかず!

【衝撃報道】ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

超人気ユーチューバ―、「GLAY」TERUの娘だった メイク動画で登録者35万人

【動画あり】Hした有名イケメン俳優を暴露!? “Iカップ”ギャラ飲み女子のお触りに千鳥ノブもどんどん本気に!?|『チャンスの時間』#24 毎週火曜24時放送中

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です