帰省ラッシュで高速道路で渋滞、11日ピーク 相模湖ICでは最大45km

ニュース

帰省ラッシュで高速道路で渋滞、11日ピーク 相模湖ICでは最大45km

お盆をふるさとや行楽地で過ごす人たちで、高速道路の下り線の渋滞は11日がピークです。朝の早い時間から40キロ以上の渋滞が予想されています。

日本道路交通情報センターによりますと、中央道では午前6時ごろ、相模湖インターチェンジを先頭に45キロの渋滞の予想です。東名高速は同じく午前6時ごろ、伊勢原バス停付近を先頭に40キロ、関越道は午前8時ごろ、東松山インターチェンジを先頭に40キロの渋滞が予想されています。新幹線も東京から各地に向かう人たちで11日が混雑のピークです。指定席は始発からほぼ満席だということです。そして、出国もピークです。11日一日で成田空港と羽田空港から海外に行く人は、約8万8000人とみられています。


コメント