<銀魂>最終回まで残り5話 15年の連載に幕

<銀魂>最終回まで残り5話 15年の連載に幕

空知英秋さんの人気マンガ「銀魂」が、9月15日発売の連載誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)42号で完結し、約15年の連載に幕を下ろすことが20日、明らかになった。20日に発売された同誌38号で「最終回まで残り5話!! ラストスパート、お付き合いください!!」と発表された。

坂田銀時らが難題を解決する姿を描いたSF時代劇コメディー。「週刊少年ジャンプ」で2003年12月に連載がスタート。コミックスが74巻まで発売されており、累計発行部数は5500万部以上を誇る。16年7月に“最終章”に突入していた。

 06年4月にテレビアニメ第1期がスタートし、11年4月~12年3月に第2期、15年4月~16年3月に第3期が放送され、現在は新シリーズ「銀ノ魂篇」が放送されている。小栗旬さん主演の実写映画が17年に公開され、興行収入が38億円を突破するなどヒットしたことも話題になった。続編となる実写映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開中。

 公式スマートフォンアプリ「銀魂」も配信中で、マンガや小説版を読むことができるほか、アニメも視聴できる。