『24時間テレビ41』ランナーのANZEN漫才・みやぞん、暑さで体力奪われほぼ歩く | Rugle's news site

Rugle's news site

『24時間テレビ41』ランナーのANZEN漫才・みやぞん、暑さで体力奪われほぼ歩く

time 2018/08/26

『24時間テレビ41』ランナーのANZEN漫才・みやぞん、暑さで体力奪われほぼ歩く

  • 『24時間テレビ41 愛は地球を救う』チャリティーランナーを務めるANZEN漫才のみやぞん
  • ランのスタート前には、ポケットビスケッツが一夜限りの復活を果たし大ヒット曲を披露
  • 番組公式サイトでは「強い日差しに体力を奪われ、ほぼ歩いているような状況」と伝えた


 

毎年恒例、日本テレビ系『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(25日 後6:30~26日 後8:54)で、チャリティーランナーを務めるお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(33)だが、午後12時26分に番組公式サイトでは「強い日差しに体力を奪われ、ほぼ歩いているような状況」ということが伝えられた。

みやぞんは、きのう25日正午過ぎ(後0:11頃)に山梨県内の湖で1種目目のスイム1.55キロに挑み、55分後の午後1時5分頃に無事完泳。続けて、午後4時20分頃に都内近郊で2種目バイク(自転車/60キロ)をスタートさせ、午後8時18分すぎに60.4キロを4時間かけ走破した。

そして最終種目ラン100キロは25日午後9時16分にスタート。ランのスタート前には、日本武道館で伝説の音楽ユニット・ポケットビスケッツが18年ぶりに一夜限りの復活を果たし、大ヒット曲「YELLOW YELLOW HAPPY」を演奏してみやぞんにエールを送った。

序盤、快調な走りを見せ、スイム、バイクの疲労が蓄積するも、声援に応え、一歩一歩武道館へと向かったみやぞん。きょう26日には、関東では40度に迫る暑さになり、午後11時30分頃には、足元のアスファルトからの熱で、足の裏が痛みに耐えながらもゴールを目指す様子が伝えられた。

そして昼を過ぎ(午後12時22分)にサイトでは、笑顔で走る写真を掲載しつつも現状を報告。「練習では見られなかった光景です。坂本トレーナーによると『筋肉と股関節が固まって可動域が普段の半分になっている』とのこと。『ゴールは考えずに次の休憩ポイントまで…近い目標を定めてクリアしていきたい』とみやぞんさん」とした。


down

コメントする













【 サイト内検索 】