【vistlip】新曲「BLACK MATRIX」やはりvistlip以外何者でもない感じになった

【vistlip】新曲「BLACK MATRIX」やはりvistlip以外何者でもない感じになった



新曲「BLACK MATRIX」はvistlipの楽曲群の中でも最高峰だ。ライヴで効力を発揮するスピーディーで目まぐるしい楽曲構成、かと思えば彼らの真骨頂な美メロや歌、醸し出される荘厳さとの同居も印象深い。なぜvistlipは今のタイミングでこの境地に至れたのだろうか?

──今回のシングルは3曲とも攻め攻めで、いろいろな意味でぶっ込んでますね。中でも表題曲の「BLACK MATRIX」はかなり目まぐるしい楽曲展開だったんで少々戸惑いました。

智:もうTohyaの独擅場ですね。今までのシングルの中でもかなり作り込んでますから。

Tohya:聴いた瞬間のインパクトを重視しました。この曲に至るまで、ヒントになる曲が自分の中でたくさんあって、それらを経てやっと辿り着けた感がありますね。自分の中でもかなりの手応えを持ってます。

海:とはいえ、最初にこの曲を聴いた時は“久しぶりに訳が分からない曲が来た”って思いましたよ。だけど、アレンジを始めてからはいろいろと紐解けてきて…なので、あまりアレンジには困らなかったですね。

──その辺りをもう少し詳しくお願いします。

海:もともとややこしい曲なのでギターを小難しく入れると余計ごちゃごちゃして、この曲の良さが失われる懸念もあったので、あえてストレートな方向に持っていったんです。

──この曲の良さは曲が複雑で目まぐるしく展開している中、逆にサビではストレートさや開放感が待っている、そのコントラストかなと。

智:今回はタイアップ(TVアニメ『千銃士』ED曲)があったこともあり、どうにか自分たちらしい印象付けをしたかったところもあったんです。サビはガツンと、でもノリは悪くしたくないみたいな。かなり我がままに作っていきましたね。

──この曲はサウンドの構成や展開に新機軸を感じさせつつも、歌やメロディーはあえてvistlipの王道な感じで勝負している印象がありました。

智:各メンバー好き放題やっているわりには、きちんと自分たちらしさが貫けた楽曲かなと。正直言って作っている最中はこれまでにない面もあるんで、多少の不安もありつつ挑んでましたね。でも、いざアレンジが完成し、歌ってみると、やはりvistlip以外何者でもない感じになってくれて。

Tohya:前シングルの「Timer」の際に、同じメンバー間ながらすごくヤラれた感じがしたんです。“うわっ、長く一緒にやってきてるけど、未だにこんな曲を生み出せるんだ!?”って。“まだ先がある”とますます今後が楽しみになってきたのと同時に、自分の中でも“この曲を超える楽曲を作ってやる!”との対抗心も芽生えてきて。これまでの惜しい曲たちの屍を超えてできた曲でもあったんで、作り上げた時には自分でも“やったー! すごくいい曲ができた!”と嬉しかったですね。


海:反面、どうMVやアーティスト写真に落とし込むかは悩みましたね。“いろいろな色が入っているけど、果たして何色にしたらいいんだろう?”って。カラフルにするのも違うし、どうすれば一本の線でつながるかってすごく考えました。

──確かにこの楽曲はバラエティーに富んではいますが、決してカラフルではないですもんね。

海:そうなんです。それもあって衣装にも多少色を入れ、若干派手めにしてみました。ややちぐはぐなほうが逆に合うかなと。衣装にしても“実際にこれをメンバーが着て大丈夫だろうか?”との心配もありましたよ。似合う似合わないをはじめ、全員が並んだ際のミスマッチ感がどう映るかとか。

──なるほど。ところで、この曲でもっともvistlipの従来性を感じたのが歌唱やメロディーでした。

智:歌詞も制作サイドと打ち合わせはしましたが、自分というフィルターを通してしまうと、どうしても素直にはいけず…。その辺りは先方への申し訳なさを抱きつつ、自分の中で相手に“これはこういうことです”と伝えられる説得力が見つかったので、自分らしいものが貫けた自負はあります。

──これは全体的に言えるんですが、今回の歌詞にはこれまで以上の分かりやすさや伝わりやすさがあるような…。

智:最近は分かりやすいものが好きだし、書いてみたいモードなんですよね。それが表われているとは自分でも思います。

──歌唱面はいかがでした?

智:気持ち作りは以前からしていたこともあり、レコーディングでも気持ちの乗せやすさを実感しながら歌えましたね。

Tohya:この曲はテレビでのワンコーラスでもいいんですが、ぜひフルで聴いてもらいたいです。あの部分からは想像も付かない展開や仕掛けがいろいろとあるので。より“すげぇ!”と感じてもらえる自信はあります。あのエンディングだけで終わらせてしまうのはもったいない! この曲の良い部分やすごい面は、実はあそこ以外にもありますからね。

──今回はカップリングの「Original Words Complex」「The Other Side」にしても、かなりライヴ映えする曲たちで。

智:あえて今後のライヴでの代表曲になり得る曲たちを入れてます。vistlipというジャンルレスなバンドをやっている以上、ビジュアル系に留まらず、自分たちの良い箇所をどんどん出していこう、新しい部分にも触っていこうと挑んだ結果ですね。



Tohya:“やりたいことを全部やっちゃおう!”みたいな気概の中で生まれた楽曲たちですから。自分たちでも遊べる要素をたくさん盛り込んでみました。

──全編、激し目な曲できたのには驚きました。通例はバランスを取ったり、幅を出したりするために、ミディアムやしっとりとした楽曲も交えるじゃないですか。

智:今一度カップリングの存在意義や立ち位置をメンバー間で話し合ったんですよ。どうしてもカップリング曲だと代表曲としてユーザーに届くことが少なかった実感があったので。で、“だったらカップリングにはライヴで実用性のある楽曲を入れよう”と。それがこの曲たちでもあるんです。

──「Original Words Complex」や「The Other Side」はライヴ会場でのお客さんの光景が浮かびますよ。

智:その感想は嬉しいです。中でも「Original Words Complex」は初期の頃の自分を思い返しながら書いてましたし。タイトルは略して“オワコン”になる言葉として使っているだけで、何でも良かったんですけど(笑)。

──かなり自虐的な(笑)。

智:“オワコン”のフレーズって一般にはそのような印象でしょうが、実際そんなことはどうでもよくて。今の自分たちの姿勢をとにかく見せたかったんです。周りがとやかく言おうが、どうディスられようが、ベテランと呼べるアーティストって常に自己を更新し続けている。それを実感する機会があって。僕らもここまで10年やってきて、さらに前向きになってきたんで、自分を鼓舞するためにもこの歌を書きました。それもあって、あえて初期っぽい表現をしてみたんです。