脊髄損傷で車いす生活の仮面女子・猪狩ともか「ただいまー!」 | Rugle's news site

Rugle's news site

脊髄損傷で車いす生活の仮面女子・猪狩ともか「ただいまー!」

time 2018/08/27

脊髄損傷で車いす生活の仮面女子・猪狩ともか「ただいまー!」




脊髄損傷で車いす生活になったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)=スチームガールズ=が26日、東京・秋葉原にある常設劇場「仮面女子CAFE」で復帰会見を行った。

約4か月ぶりに劇場に姿を現した猪狩は、スチガのイエローの衣装を身にまとい車いすに乗って現れ「ただいまー!」とあいさつした。

猪狩は4月11日、東京・文京区の湯島聖堂にいたところ強風によって倒れてきた看板にぶつかり、腰を折るなどの大けがを負った。緊急手術後、ICU(集中治療室)、HCU(高度治療室)を経て、一般病棟に入院し治療を続けていた。

事故の経緯


4月に強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄損傷から両下肢まひとなった女性アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかが14日、ブログを更新し、26日に都内で行われる「仮面女子カフェ」イベントに登場することを明かした。

猪狩は「やっと、やっと…。会える日が来ます!!!!」と切り出し、26日の「仮面女子カフェ」の参加を告知。「劇場にご挨拶しに行きます!久しぶりに劇場に行けるんだーーー!楽しみすぎるなぁ…」と嬉しさをにじませた。

また31日、9月1日に京セラドームで行われるプロ野球「オリックス対西武」戦にも参加予定であることも告知。オリックスの選手達からサイン寄せ書きももらっていたといい、色紙裏には「9月1日、楽しみに待っています オリックスバファローズ選手一同」と書かれていたことから「これを見て更に『絶対間に合わせたい』という気持ちを強くさせてくれました」と、リハビリの大きな励みになっていたことを明かした。

ブログの最後には「ライオンズファンの皆さん、オリックスファンの皆さん。そして仮面女子ファンの皆さん!!!会えるのを楽しみにしています。是非是非お越し下さい!」と呼び掛けていた。

猪狩は今年4月に文京区・湯島聖堂前を歩いていたところ、強風で倒れた看板の下敷きに。救急搬送され手術を受けたものの、第一腰椎の骨折、脱臼による脊髄損傷のため、両下肢まひとなり、車椅子生活を余儀なくされた。その後、猪狩は復帰へ向けて前向きにリハビリに励む姿をブログなどで公開していた。
猪狩 ともか(いがり・ともか) 1991年12月9日、埼玉生まれ。26歳。154センチ、スリーサイズはB80(C)・W59・H88。最強の地下アイドル・仮面女子を構成する4ユニットの1つ「スチームガールズ」リーダー。2014年5月、研究生「スライムガールズ」としてステージデビュー。同年7月、オズの魔法使いをコンセプトとしたユニット「OZ」に昇格しライオンを担当。15年3月に「仮面女子候補生」が結成されリーダーに就任。17年1月8日に仮面女子・スチームガールズ(スチガ)への昇格が発表され、2月19日に加入式が行われた。スチガ加入1周年の18年2月に同ユニット・リーダーの就任が発表された。


down

コメントする













【 サイト内検索 】