本場の予想超えた「打者大谷翔平」=関係者が驚く各種データ、能力の高さ

本場の予想超えた「打者大谷翔平」=関係者が驚く各種データ、能力の高さ




 

故障による離脱を経て、まずは打者として復帰を果たした米大リーグ、エンゼルス大谷翔平。メジャーへの移籍が決まる前から、投手としてはエース級との高い評価を受ける一方、打者として大リーグで通じるかどうかは、アメリカの野球関係者の間で疑問視されていた。シーズンも終盤に入った今、果たして打者大谷翔平はアメリカでどのように評価されているのか。ファンや専門家、そして最も近くで大谷のバッティングを見ている人物に話を聞いてみた。

ケガによる1カ月近い離脱に加えて、エンゼルスのプレーオフ進出が難しくなったため、米野球界の大谷への注目度は落ち着いてきた。

それでも8月28日終了時点で、131試合中78試合に打者として出場し、打率.275、出塁率.352、本塁打15という成績を残している。

選手が攻撃面でどれだけ貢献しているかを測るwRC+という指標を見ると、大谷は145を記録している。この数字はリーグや球場の違いも考慮に入れた上で、大谷が同じだけ打席に立ったメジャーリーグの平均打者より45%多くの得点を生み出していることを示す。

大谷の場合、出場試合数、特に苦手な左投手との対戦が少ないので単純比較はできないが、250打席以上という条件で絞るとメジャーで13位の成績だ。イチロー松井秀喜のメジャー1年目のwRC+が、それぞれ124と109だったことと比べても、「打者大谷」は際立つ。

「大谷は期待を大きく上回る選手です。彼がベーブ・ルースと比較するに値する選手なのか疑問の声もありましたが、われわれの想像を超える素晴らしさです」と話すのはMLB公式サイトのデービッド・アドラー記者だ。

本場の予想超えた「打者大谷翔平」=関係者が驚く各種データ、能力の高さ
メジャーでもトップクラスの打球、走塁スピード

 アドラー氏は、カメラやレーダーを使って選手やボールの動きを解析できるスタットキャストのデータ調査を担当している。ボールの回転数や野手が打球を追いかけた距離などが表示されるのを大リーグ中継で見たことがある人も多いだろう。

サンプル数の多寡や運に左右されやすい打率や打点などの数値に比べて、スタットキャストのデータは選手の能力を如実に反映する。そこでも大谷はあらゆる面で秀でていると同氏は言う。

強打者ぞろいのアメリカで、平均打球速度は149キロで、150以上の打球を記録した295選手中15位。ホームランの平均飛距離は127メートルで、2桁以上打っている182選手の中で3位の数値である。それに加えて、走塁スピードがメジャーのトップクラスに近いというのだから恐ろしい身体能力だ。メジャーでもトップクラスしか出せないという秒速30フィートを2度記録している。



アドラー氏が注目しているのが、大谷のセンター返しの能力。センター方向への打球の打率(5割2分3厘)と長打率(1.092)はともにメジャーで堂々の1位である。

「彼は投手としていいバッターなのではなく、打者としてだけ見ても優れています。よく大谷が投手と打者の両方をやるべきかと人に聞かれるのですが、もちろんだと答えます。それは数字が示しています」とアドラー氏は話す。

大谷のエンゼルス移籍が決まった直後に、日本ハムの栗山英樹監督と大渕隆スカウト部長にインタビューした際、2人とも打者としての方が完成形に近く、メジャーに早く適応できるのではないかと話していた。一方、これまでの日本人野手への評価が低いこともあり、アメリカでは打者大谷に対して懐疑的な声が多かった。

大谷は24歳にして、日本人野手に対する「常識」を破りつつある。

「一番飛ばす選手」

 オープン戦では投打ともに結果を残せずにいた。

現地メディアは、大リーグの変化球にタイミングが合っていないことなどを指摘。マイナーリーグで経験を積ませるべきだという声も上がった。

そんな大谷を救ったのが、前足を上げずにタイミングを取るノーステップ打法を勧めたエンゼルスのエリック・ヒンスキー打撃コーチだ。選手としてメジャー7球団で12シーズンを過ごし、新人王やワールドシリーズ優勝も経験した。

「まずは彼のことを知って信頼関係を築こうと思っていたから、春季キャンプ中は打撃に関しては何も言わなかった。でもオープン戦がよくなかったから、『君は足を上げることで頭が動いてしまっているんだ。頭がボールに向かって動くと、目線も動いてボールの回転が認識しづらくなるし、球が速く感じてしまう。だから差し込まれてバットが折れたり、力のない打球がレフトに飛ぶんだ』と彼に話した。だから足をつけたままにして、ボールに向かう動きをなくしたらどうかと提案したんだ」

「彼は、まずはどれくらいボールが飛ぶか見てみたいと答えたよ」

シーズン開幕直前の打撃練習でヒンスキー氏のアドバイスを試した大谷は、ノーステップ打法に切り替えた。その後の見違えるような活躍は言うまでもない。

「ショウヘイは素晴らしい結果を残している。でも彼の才能や体の使い方や大きさ、強さを考えたら驚くことではない。彼はバッターボックスで大きく見えるし、スコアボードに打球をぶつける長打力を持っているから、ピッチャーは恐怖を感じてミスを犯すんだ」
大谷ほどボールを遠くに飛ばす選手をヒンスキー氏は見たことがないという。大谷のバッティング練習での飛距離は、記者や選手の間でも話題になっている。

「比べられるのは左打者ではジョシュ・ハミルトン(2015年までの9シーズンで200本塁打、701打点を記録)やデービッド・オルティス(16年までの20シーズンで541本塁打、1768打点をマーク)くらいだけど、大谷の方が飛ばすよ」とヒンスキー氏。

松井秀喜や岩村明憲とチームメートになった経験のあるヒンスキー氏は、日本人の左打者は一塁方向に体が流れるようなスイングをするが、大谷は比較的動きが少ないという。
「彼は基盤となる下半身が安定している。特に膝から下の部分の使い方がうまくて、ヒップの回転もすごい。とにかく力強いんだ。ピッチャーもしていることで、打撃に使う部位を休ませることができているのが助けになっているんだと思う。右投げ左打ちということもあって、他の選手よりも体幹が安定しているね」

「無限の可能性」

 一方で、課題も見えてきた。

左投手に対して打率.167で本塁打なし(8月28日終了時点)と苦戦しているため、スタメン起用はほぼ右投手の先発時に限られている。

エンゼルスのマイク・ソーシア監督は「右投手と対戦している時と比べると、大谷は別人のようになる。もっと経験を積めばバランスの取れた打者になると思う。今は左投手に慣れようとすごく頑張っているよ」と言う。

アドラー記者は大谷の空振り率の高さを指摘する。

大谷がストライクゾーンに来た球を空振りする確率は約28パーセント。これはメジャーでワースト10に入る数字だ。

オレンジ・カウンティ・レジスター紙でエンゼルス番記者を務めるジェフ・フレッチャー氏は、大谷が長打は多いが打率はそんなに高くない選手になると予想していた。

「開幕直後に活躍した時には、それは過小評価で、もしかしたら高い打率も残すんじゃないかと思わせたけど、シーズンが進むにつれて(予想通りの)選手になってきた」

そしてファンが何より心配するのが、大谷の健康状態だ。

「メジャーリーグではシーズンを通して活躍できないといけない。大谷は投手としてエースになる素質を持っているけど、ケガが一番の心配だね」とエンゼルスファンのティム・マーレーさんは指摘する。

打者、投手のいずれかに専念したとしても大きな可能性を秘めているが、やはり大谷の二刀流への期待は大きい。

「両方できるというのは、とてつもなく価値があることなんです」とアドラー氏。「大谷はまだ粗削りの部分はありますが、もっとメジャーの投手と対戦すれば改善されるでしょうし、そういう適応力があることも証明しています」

繰り返しになるが、大谷は24歳になったばかり。こんなに若くしてメジャーに移籍した日本人打者はいないのだ。メジャーでは選手は26から28歳くらいでピークを迎えると言われている。

「ショウヘイはどんどんうまくなるよ。みんなそうだ。経験を積んで、メジャーで長く過ごせば過ごすほどいい選手になる。僕もメジャーで12年間過ごして、何度も投手と対戦しているうちに分かってくることがあった。この投手の場合はこの球を狙おうとか、ここに投げさせようとか」とヒンスキー氏は言う。

「彼はまだ若くて先が長い。無限の可能性を秘めているよ」