【侍U-18代表】吉田、体は「問題なし」 フルメニューこなし、状態「甲子園よりいい」

【侍U-18代表】吉田、体は「問題なし」 フルメニューこなし、状態「甲子園よりいい」




この日はほかの投手陣とともにピッチングは行わず

9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表が1日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で午前9時から約3時間の練習を行った。投内連携や内外野の連携の確認、フリー打撃などで汗を流し、前日の宮崎県高校選抜との壮行試合で侍ジャパン初登板を果たした吉田輝星(金足農)もフルメニューをこなした。

8月31日に行われた壮行試合。2点リードの9回に登板した吉田は最速149キロをマークするなど、無失点と貫禄の投球を見せた。一夜明けたこの日はキャッチボールのみにとどめ、ほかの投手陣と同様にピッチングは行わないノースロー調整となった。練習後、体の状態について問われた右腕は「久しぶりの実戦だったので、疲れはありますけど、状態は問題ないです」と明るい表情だった。

甲子園での疲労を考慮され、別メニューで調整を続けてきた吉田。その甲斐もあって、体のコンディションは上向いてきているよう。「疲れはないと思っていたけど、想像以上にあった。すごく体の状態はよくなりました。疲れているのが普通だと思っていて、感覚が狂っているところがありました。体の状態は甲子園よりいい。変化球、ストレートを感覚で投げられるようになれば完璧になると思います」と手応えを見せた。

大会の開幕は9月3日、侍ジャパンU-18代表は初戦で香港代表と戦う。甲子園を沸かせた吉田輝星。アジアの舞台で、あの時以上の衝撃を与えてくれるかもしれない。