ヘルメットは2つだけ… 奈良のバイク8人死傷事故 男女2人の身元判明




奈良市の国道24号で大型バイク1台とミニバイク2台が転倒し、14~18歳の男女8人が死傷した事故で、8人全員が大型二輪免許を持っていなかったことが31日、奈良県警への取材で分かった。県警は道交法違反(無免許運転)と自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査する方針。

県警によると、死亡したのは、いずれも奈良市の17歳の少年3人と18歳の少年2人と、奈良県大和郡山市の中学3年の女子生徒(14)。また、奈良市の少女(17)が外傷性くも膜下出血で重傷、同市の中学3年の女子生徒(14)は打撲などで軽傷だった。

事故現場では2つのヘルメットしか確認されておらず、着用していなかった人がいた可能性がある。2人乗りの大型バイクと1人乗りのミニバイク2台に8人が分乗しており、乗車定員を超えていたとみられる。8人のうち4人は原付免許を取得していた。

現場周辺の防犯カメラには、複数人が乗っているとみられる走行中のバイク3台が写っており、県警は映像を精査するとともにけが人の回復を待って事情を聴く方針。

奈良市の国道24号で大型バイク1台とミニバイク2台が転倒し6人が死亡、2人がけがをした事故で、8人全員が大型バイクの免許を持っていなかったことが31日、奈良県警への取材で分かった。原付き免許は4人が取得していた。県警は道交法違反(無免許運転)と自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査する。

県警は死亡した6人のうち、身元不明の男女2人は奈良市の17歳の男性、奈良県大和郡山市の中学3年の女子生徒(14)と明らかにした。他4人は、奈良市の17歳の男性2人と18歳の男性2人。

県警はいずれも奈良市の中学3年の女子生徒(14)と17歳の女性が重傷としていたが、女子生徒は軽傷だった。県警は8人の関係を調べる。

県警によると、それぞれのバイクには複数人が乗車。2人乗りの大型バイクと1人乗りのミニバイク2台に8人が分乗しており、乗車定員を超えていたとみられる。

事故現場では2つのヘルメットしか確認されておらず、着用していなかった人がいた可能性がある。

事故は31日午前2時20分ごろ、片側2車線の高架橋の中間地点付近で発生した。後続のトラックの男性が、高架橋手前の交差点で信号待ちをしていた際、バイク3台が信号を無視して走って行くのを目撃。青信号でトラックが発進すると、前方でバイクと人が倒れていた。


関連記事

BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る

渋谷ハロウィン、今年も暴徒化…軽トラ横転、痴漢、盗撮、大量のごみと世間の声

「エアドロップ痴漢」悔しい、警察に摘発も

自宅マンションで女性に乱暴 「ミスター東大」出場経験の男を逮捕

安田純平さん解放=トルコで保護、政府確認急ぐ―菅官房長官発表

来年のGWは10連休!?新天皇即位日は祝日、式典委員会方針

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です