神戸イニエスタが足に違和感を訴え途中交代 試合後はノーコメント

神戸イニエスタが足に違和感を訴え途中交代 試合後はノーコメント



  • 1日、ヴィッセル神戸は札幌コンサドーレに1-3で敗れた
  • 神戸は0-2の後半10分、イニエスタが足に違和感を訴え途中交代
  • 「足の状態があと5分もたないかもしれない」と監督に訴えたという

「明治安田生命J1、札幌3-1神戸」(1日、札幌ドーム)

神戸MFアンドレス・イニエスタ(33)が途中交代した。0-2の後半10分、FWウェリントンと入れ代わりベンチへ退いた。

吉田孝行監督によると、ハーフタイムにイニエスタから「足の状態があと5分もたないかもしれない」と訴えがあったという。試合後のイニエスタは敗戦の悔しさもあってノーコメントを貫き、自身の状態について説明することはなかった。

指揮官はイニエスタの症状について「まだ報告を受けていないので」と言葉を濁したが、離脱となれば大きな痛手となる。