【モンハンワールド】ポイントは落石&敵視 さらに強くなった「極ベヒーモス」 攻略レポート

【モンハンワールド】ポイントは落石&敵視 さらに強くなった「極ベヒーモス」 攻略レポート

8月2日より、強力な武具である“ドラケンシリーズ”が追加されるなど、新たな戦略性を生み出している『モンスターハンター:ワールド』のFFコラボ。そのメイントピックともいえるのが魔獣「ベヒーモス」の追加だったが、24日、そのベヒーモスがさらに強くなり、「極ベヒーモス」として帰ってきた。イベントクエストの詳細を解説するとともに、筆者も早速挑んできたので、その様子をレポートする。

極ベヒーモス討滅戦

FFコラボで登場した「ベヒーモス」の“歴戦個体”扱いである「極ベヒーモス」の討伐クエスト。その受注可能期間は、8月24日9:00~9月7日08:59までだ。歴戦扱いのため、HR50位上のハンターではないと受注、参加ができないので注意が必要である。

クリアすると「ミラージュプリズム」が手に入り、重ね着装備「【ドラケン】衣装」と称号を入手することができる。

実際に挑んでみた

ということでさっそく、「極ベヒーモス討滅戦」を受注し、極ベヒーモスに挑んでみた。筆者はヘビィボウガン使いなので、徹甲榴弾でスタンを取りつつ、味方の回復に徹するヒーラー兼スタン役として上の画像の装備で挑戦した。

早食いLv3でアイテム使用速度を高めつつ、キノコ大好きLv3と広域化Lv5で味方の回復とバフを行い、武器に回復カスタム2つ、体力増強Lv3、スタミナ限界突破で自身の体力とスタミナもカバーしつつ、属性解放/装填拡張Lv3と砲術、KO術で徹甲榴弾のスタン属性値とダメージを高めている。

マム・タロトが最終エリアで放つ、連続して地形ダメージが入る通称「ゲロブレス」をまともに受けた味方を助けることもできる、筆者渾身のヒーラー装備だ。

元から激しい攻撃がさらに激化

最初に感じたのは「攻撃の激化」だ。そもそも、ベヒーモス自体攻撃力が高く、攻撃は激しいのだが、さらに強化された印象だ。上の画像は、極ベヒーモスとの戦闘中に画面右側に表示されるログだが、メテオ→ミールストーム→メテオとかなりハイペースで強力な攻撃を繰り出していることがわかる。ミールストームはプレイヤーの位置に竜巻を発生させる厄介な攻撃だが、予備動作中に怯ませると発動を防ぐことができる。そのため、スリンガー閃光弾や攻撃で怯ませるのがテンプレだが、極ベヒーモスにスリンガー閃光弾を使うと耐性が付き、最終的に効かなくなるのだ。

また、ミールストームの予備動作自体も短くなっており、ヘビィボウガンをはじめとする納刀が遅い武器だと、「ミールストームの構え」と表示され、すぐに納刀してスリンガー閃光弾を発射しないと間に合わない。攻撃力も大幅にアップしており、比較的防御力の高い剣士装備であっても、まともに食らえば6割程度も体力を持っていかれる。ガンナーは当たったら即死と思って戦うのが良いだろう。さらに、攻撃ペースがかなり短くなっているので、起き上がった時にちょうどメテオが落ちてきて死亡……なんてことも多々あった。

最初のエリアから「エクリプスメテオ」を放ってくる

ベヒーモスは4つのエリアで戦うことで、討伐することができる。今までは最初のエリアではエクリプスメテオは放ってこず、2番目、3番目、最終エリアでのみエクリプスメテオを放ってくるようになっていたが、極ベヒーモスは違う。最初のエリアからエクリプスメテオを放ってくるので、注意が必要だ。

さらに、通常のベヒーモスでは最終エリアではベヒーモスが死に際に放ってくるエクリプスメテオだが、死に際でなくても普通に放ってくるのも極ベヒーモスの特徴だ。

攻略のカギは「落石」と「敵視」

これは通常のベヒーモスにも言えることだが、最初のエリアに存在する「落石」ギミックと、「敵視」は非常に重要だ。通常のベヒーモスの場合は、エクリプスメテオ以外はヒーラーが1人いれば回復は間に合うことがほとんどだったが、極ベヒーモスは攻撃力が高く、ヒーラー1人では間に合わないことも多い。

そこで重要視されるのは、「いかにしてダメージを効率よく与えるか」だ。どのモンスターにも言えることだが、戦闘が長期化すればするほど被弾数は上がる。極ベヒーモスの場合は、被弾すれば致命傷となることが多いため、効率よく攻撃を加え、長期戦になることを避けるのが有効だ。

そのためにも最初のエリアに存在する2つの「落石」ギミックとベヒーモスの特徴でもある「敵視」をしっかりと使って戦うことが非常に重要だ。最初のエリアに2つ存在する落石は、1つあたり2590ダメージという大ダメージを与えることができる。通常のベヒーモスが1500ダメージ程度だったことを考えると倍近くのダメージを与えることができるので、ぜひとも2つともヒットさせたい。また、タンク役のプレイヤーは積極的に頭を攻撃して敵視を取っていくプレイが重要だろう。

敵視を取るには、頭を攻撃する以外に、頭にスリンガー滅龍弾を5発当てることでも可能なので、タンク役のプレイヤーに限らずスリンガー滅龍弾があれば拾っておくと良いだろう。もしもタンク役以外が敵視を取ってしまった場合は、隣のエリアに移動する。隣のエリアに移動すると敵視が解除され、ベヒーモスは元居たエリアに戻るという特性があるので、有効に利用しよう。

クリアすると称号「光の戦士」と、アイテム「ミラージュプリズム」を入手することができ、ミラージュプリズム1つで「【ドラケン】衣装」が手に入る。重ね着装備は見た目のみを変更する装備で、スキルなどには影響しないので、無理してクリアする必要はない。かなり難易度が高いクエストなので、クリアできればラッキーくらいに考えるのが良いだろう。

全世界1000万本出荷記念でアイテムを配布中

極ベヒーモスとは関係ないが、モンハンワールドの全世界1000万本出荷記念で大タル爆弾G 30個、いにしえの秘薬 15個、堅鎧玉 30個、金のたまご 5個、金の竜人手形 2個を配布中だ。配信期間中にログインするだけでもらえるので、普段あまりプレイしてないハンターたちもログインだけでもいいのでプレイしてほしい。配信期間は8月24日9:00~9月7日8:59までだ。

世界の凄腕ハンターが東京ゲームショウに集結

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

年に一度のゲームの祭典「東京ゲームショウ 2018」(通称 TGS2018)が9月22日~23日に開催予定だ。その東京ゲームショウで、「日本」「韓国」「アメリカ」「台湾」「香港」のモンハンワールドの公式大会で上位に入賞した、5チームが闘技場のチャレンジクエストのクリアタイムで競い合う「『モンスターハンター:ワールド』DREAM MATCH in TGS 2018」が開催される。TGS2018に行く予定がある人はぜひともカプコンのブースに立ち寄ってほしい。

また、TGS2018でも使われる闘技場のチャレンジクエストがイベントクエストとして8月24日9:00~9月28日8:59まで配信されているので、腕に自身のあるハンターはぜひとも、実際にプレイしてみよう。

モンスターハンター:ワールド – PS4

■『MONSTER HUNTER: WORLD』(モンスターハンター:ワールド)
対応ハード:PlayStation4
価格:通常版(パッケージ版) 希望小売価格8980円+税
通常盤(ダウンロード版) 販売価格8315円+税
プレイ人数:1 人(オンライン 1~4 人)
CERO:「C」(15歳以上対象)
公式サイト http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/world/ 
ツイッター https://twitter.com/MH_official_JP
インスタグラム https://www.instagram.com/mhb_official_jp
フェイスブック https://www.facebook.com/mhb.capcom
(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED