<高校体育大会>寒さ訴え、生徒36人搬送 命に別条なし

<高校体育大会>寒さ訴え、生徒36人搬送 命に別条なし




8日午後0時45分ごろ、福岡市早良区有田の福岡県立福岡講倫館高校から「体育大会中に生徒が寒さで体調不良を訴えている」と119番があった。福岡県警早良署などによると、生徒47人が低体温症とみられる症状や過呼吸を訴え、女子35人、男子1人の計36人を病院に搬送。うち女子生徒7人の症状はやや重いものの、命に別条はないという。

同校によると、体育大会は午前9時ごろ始まり、約50分後から雨が降り始めた。最後の「全校応援」直前の正午ごろ、女子生徒を中心に次々と寒さを訴えたため大会を中止し、室内で毛布をかけたりストーブをつけたりして対応した。森本茂副校長は「生徒が一生懸命準備していたので雨が降った後もそのままやらせたが、判断が甘かった」と話した。

気象庁によると、福岡市の8日正午現在の気温は21.9度で前日の同時刻より5.3度低く、最高気温は平年より6.4度低い23.1度で10月中旬並みだった。【石井尚、宮原健太】

◇低体温症、夏場の平地でも

夏場の平地でも低体温症は起こり得る。2013年7月には、東京都内で開かれていたアイドルグループの野外コンサート中に雨が降り、女性19人が今回と同様、過呼吸や低体温症とみられる症状で搬送された。

北品川藤クリニック(東京都品川区)の内科医、石原藤樹(ふじき)院長は「水が皮膚に付くと水分が気化して熱を奪うので、夏でも雨にぬれると体温が低下し、低体温症になるケースがある」と解説。「雨にぬれたまま立たせておくのは良くない。ぬれたら必ず乾いたタオルで拭くことが大事だ」と注意を呼びかけた。