「本当に脱いだらスゴかった!」内田理央、大胆すぎる手ブラ姿で衝撃の美乳を披露

芸能・ゴシップ

「本当に脱いだらスゴかった!」内田理央、大胆すぎる手ブラ姿で衝撃の美乳を披露



9月12日(水)発売のanan「ハンサム胸のつくり方」特集の表紙・巻頭グラビアに登場

年に一度の恒例企画、ananの美乳特集「表紙・グラビア」に抜擢✨

内田理央の魅力をご覧ください!

是非、お近くの書店やコンビニ等でお買い求めください

byスタッフ pic.twitter.com/1B3UmtelNJ

— 内田理央オフィシャル (@lespros_rio) 2018年9月9日

女優でモデルの「だーりお」こと内田理央(26)が、9月12日に発売される女性誌「anan」(マガジンハウス)の恒例企画“美乳特集”に登場する。ジャケットを羽織っただけの「手ブラ」姿の表紙カットが解禁され、大胆すぎる美乳ショットに男性ファンたちがざわめいている。

美乳特集号の表紙に選ばれた内田は、「バストに自信がないのに表紙モデルに選ばれるなんて」と謙遜していたという。しかし、今回のテーマ「ハンサムな胸」にぴったりな存在として白羽の矢が立ち、表紙、巻頭グラビア、特集、インタビューと大々的にフィーチャーされている。

解禁された表紙カットはインパクト抜群。上半身ヌード状態でジャケットを羽織り、バストを腕で隠しているだけという、男性誌グラビアでも見せないほどの露出度の高さ。芸術的に美しい谷間や下乳のラインがくっきりと浮かび上がっており、美乳特集の象徴として納得の造形美だ。

下半身はダメージジーンズで股間部分をずり下げており、カメラを見つめる表情はどこか物欲しげて色っぽさ満点。

男性ファンから「だーりおのこんなグラビアが見たかった!」という声が聞こえてきそうな珠玉の仕上がりである。中面グラビアでも大人っぽいバスローブ姿やシンプルなランジェリー姿などを披露し、女性誌とは思えないほど攻めたグラビアになっている。

これにネット上の男性ファンたちが大興奮。「スリムな印象だったけどエロッ!」「すごい美乳!」「こんな見事なおっぱいを持っていたとは…」「男だけど買ってしまうわ」「だーりおの手ブラ最高です」などと絶賛コメントが殺到している。

内田といえば、今までの男性誌グラビアでは「お尻推し」。スレンダーボディであるため、どちらかというと「控え目おっぱい」のイメージが強かった。今年4月期に放送された深夜ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で「貧乳」扱いの役柄を演じたことまである。

同ドラマでは、貧乳扱いされた際に「脱いだらスゴいんです!マジでぷるんぷるんだから!」と反論するシーンがあったが、まさしく今回の衝撃の表紙カットによって「本当に脱いだらスゴかった、ぷるんぷるんだった!」と多くの男性たちが感嘆している状況だ。

最近は女優としての活動が多忙になり、男性誌グラビアからすっかり遠ざかっている内田。極上ボディが拝めなくなったことを落胆している男性ファンは少なくないが、それだけに今回の手ブラショットは格別となったようだ。

これまでは「内田理央のグラビアといえばお尻」という印象が強かったが、今後は「美乳推し」も大きな武器になりそうな気配。新写真集のリリースを待ち望んでいるファンも多いだけに、グラビア完全復帰に期待したい。


コメント