【侍U-18代表】7回コールドで中国に圧勝! 3位死守で来年のW杯出場権を獲得




2番手の柿木は6回まで内野安打1本に抑える好救援

宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は10日、大会最終日を迎え、2大会連続優勝を逃した侍ジャパンU-18代表は中国代表と3位決定戦を戦い、14-1の7回コールド勝ちで圧勝した。2大会連続優勝を逃した日本だったが、3位を死守し、来年に韓国・釜山で行われる「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」の出場権を獲得した。

いきなり先制点を奪われる波乱の幕開けだった。先発の板川佳矢(横浜)は初回、1死一、二塁のピンチを招くと、4番のコウ・ヨンカンには中堅の頭上を越える適時二塁打を浴びて、いきなり1点を奪われた。板川は、わずか2/3で降板となり、2番手で柿木蓮(大阪桐蔭)がマウンドに上がった。

まさかの先制を許した日本だったがその裏、すぐさま試合を振り出しに戻した。無死一、三塁とすると、中川卓也(大阪桐蔭)の一ゴロ併殺打の間に同点。2回には2死から、一、三塁のチャンスを作ると、日置航(日大三)が今大会初安打となる中前適時打。さらに続く小園海斗(報徳学園)も左前適時打を放ってこの回2点を奪ってリードした。

3回には2つの四球と藤原恭大(大阪桐蔭)の左前安打で満塁とすると、野尻幸輝(木更津総合)の遊ゴロ併殺崩れの間に加点。さらに小泉航平(大阪桐蔭)の二ゴロを二塁手が悪送球し、さらに1点を加えた。4回にも無死満塁から藤原の併殺崩れの間に1点、さらに根尾昂(大阪桐蔭)が中前2点適時打を放った。

6回に野尻の二ゴロの間に1点を加えると、2死一、二塁で日置がこの日2本目のタイムリーとなる中越えの2点適時二塁打などで13点差に。2番手の柿木は6回まで中国打線を内野安打1本に抑える好救援を見せると、7回は根尾が無失点に締め、コールド勝ちが決まった。


関連記事

山本KID徳郁さん、41歳で死去 がん闘病公表

大坂なおみ、米人気司会者との1枚にWTA脚光 海外反響「彼女は人生変わる1週間」

大坂なおみさんの快挙を「素直に喜んじゃいけない空気」にしたのは誰ですか?

カープ中崎翔太は無事是名馬である。控え目な守護神の驚異的な安定感。

セリーナ暴言の主審、騒動後初戦で毅然判定 両軍から称賛「試合時間全てを楽しめた」

小野伸二と稲本潤一が語る黄金世代。「同級生の一番に」「すげえな、と」

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です