メルセデス・ベンツ日本、直列6気筒に48V電気システムを組み合わせた高性能モデル「メルセデスAMG 53シリーズ」の導入を発表!

メルセデス・ベンツ日本、直列6気筒に48V電気システムを組み合わせた高性能モデル「メルセデスAMG 53シリーズ」の導入を発表!




メルセデス・ベンツ日本株式会社は9月6日、メルセデスAMGの新しいモデルシリーズとなる「AMG E 53 4MATIC+(セダン/ステーションワゴン/クーぺ/カブリオレ)」と「AMG CLS 53 4MATIC+」を発表。発表会の会場となったのは、東京都六本木に設けられたメルセデス・ベンツのモデル展示や、イベント型ブランド体験施設も備える「Mercedes me」。メルセデスのパフォーマンスモデルのAMGに加わる最新モデルの発表とあって、多くの報道陣が取材に訪れていた。

メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO 上野金太郎氏は、53シリーズの導入について、「本日は、究極のパフォーマンスを追及します、メルセデスAMGの新しいモデルシリーズである『53シリーズ』を、EクラスファミリーとCLSに追加をさせていただきました。おかげさまでメルセデスAMGの販売は、本年も大変好調に推移しており、『E43 4MATIC+』や『C63 4MATIC+』は、特に販売に貢献している状況でございます。そのメルセデスAMGのラインナップをさらに強化する『53シリーズ』は、ハイパフォーマンスモデルに電気によるブースト機能などを持つ48V電気システムを組み合わせることで、さらにそのパフォーマンスを向上するというコンセプトを採用させていただきました。AMGモデルの初となるモデルでございます。その電気システムの様々な機能により、43シリーズでも追求しているハイパフォーマンス、快適性能、ドライビングプレジャー、環境性能全てをハイレベルでバランスさせていることがこのクルマの特徴でございます」と紹介した。

車両解説は、メルセデス・ベンツ日本株式会社 マーケティング・コミュニケーション部 AMG課レナート・ニグマン氏によって行われた。「53シリーズはハイパフォーマンスを追及する一方、メルセデス・ベンツに求められる快適性能や環境性能も高い領域で維持し、バランスを追求したモデルです。日常の走行でもドライビングプレジャーを存分に感じていただける所が最大の特徴です。この53シリーズによって、さらにお客様のニーズに応えられるラインナップをそろえることができたと考えております」と説明した。

「AMG E 53 4MATIC+」と「AMG CLS 53 4MATIC+」に搭載されるパワートレインは、3.0リッター直列6気筒直噴ターボチャージャー付エンジン「M256」+ISG+スーパーチャージャー。エンジン単体で最高出力320kW/435PS、最大トルク520Nmを発揮し、ハイブリッドモジュールとなるISGの48V電気システムによって最高出力16kW、最大トルク250Nmがエンジンをアシストする。

メルセデスAMGが開発した4輪駆動システム「4MATIC+」は、この高性能エンジンのパワーを最適配分する。前後トルク配分を50:50から0:100の範囲で可変することにより、発進時、コーナーリング、高速走行など、状況に応じて安定したドライビングを実現する。

全車標準となる「AMG RIDE CONTROL+サスペンション」は、スポーティーなスプリング設定と連続可変ダンパーを採用したマルチチャンバー型エアサスペンション。

走行状況および路面状態に合わせて自動で調整し、トルクコントロール重視の「コンフォート」モードや、スポーツ性能重視の「スポーツ」、「スポーツ+」モードなどを選択することが可能だ。さらに、ボタンを押す事で車高を高くすることができ、駐車場のスロープなど、様々な状況で気を使わずに運転することができる。

53シリーズのハイライトの一つとなるエクステリアは、モデルによってフロントグリルのデザインが異なる。Eクラスセダンとステーションワゴンはダイヤモンドグリル、Eクラスクーペとカブリオレ、そしてCLSにはさらにスポーティな63シリーズ譲りとなるシルバークロームのツインブレードフロントグリルが採用されている。左右のエアインテークは、シルバークロームの水平フィンが二本ずつあしらわれ、その外側にフロントフェイスを引き締めるブラックのフリックを配す。CLSにはさらに、Cd値の低減に貢献するサイドエアカーテンが装備される。ハイグロスブラックとシルバーの2トーンで仕上げられた20インチの5ツインスポークアルミホイールは、EクラスファミリーとCLSで異なるデザインを採用し、それぞれ引き締まったスタイリッシュな印象を与えている。

リアには、ステーションワゴン以外の全てのモデルにボディ同色のトランクリッドスポイラーリップが装着され、専用の大型リアディフューザーとクローム仕上げの円形デュアルエグゾーストエンドにより、直6エンジンサウンドが愉しめるスポーティでダイナミックなデザインとなっている。

インテリアでは、上質かつスポーティーなデザインでありながら様々な操作を直感的に行うことができるメルセデスAMG最新世代の「AMGパフォーマンスステアリング」を採用。ステアリングから手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などが行える「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチも備え、操作性の向上にも寄与している。

また、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイには、エンジンオイル温度や、エンジン出力、トルク、過給圧など、スポーツドライビングに必要な情報を表示する機能も備えている。

53シリーズには、緊急ブレーキ機能や自動追従機能、また高速道路ではレーンチェンジを支援するアクティブレーンチェンジングアシストなどの先進安全支援システムが搭載されており、安全性においてもSクラスと同等となっている。

メーカー希望小売価格(税込)と販売開始時期は、「メルセデスAMG E 53 4MATIC+」が1,202万円、「メルセデスAMG E 53 4MATIC+ステーションワゴン」が1,239万円(※9月6日より納車開始)。「メルセデスAMG E 53 4MATIC+ クーペ」が1,213万円、「メルセデスAMG E 53 4MATIC+ カブリオレ」は1,268万円(※11月に納車開始予定)。そして「メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+」が1,274万円(※10月からの納車開始予定)となっている。