乃木坂46伊藤かりん、松村沙友理のプロデュース力を絶賛「まっちゅんの想像力はすごい」




乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。9月10日の放送では、伊藤かりんが登場した。

まずは、毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回の配信を担当した山下美月が残していった宿題は「早口言葉チャレンジ」だった。山下が宿題を書いた画用紙に追記していた「『青ガメガメガ― 黄ガメガメガ― 青ガメガメガ―』でもいいですよ!!」というメッセージを見た伊藤は「これをしゃべってってことなのかな? 美月。ちょっとわからないけど……」と不思議がりながらも、早口で「青ガメガメガ―~」を3回朗読。まったくつかえることなく、難なく達成してしまい「えっ、そんなに難しくないんですけど……」とますます困惑していた。


さらに「何より、まっちゅん、めっちゃ可愛かったよね!」と言い、「まっちゅんってさぁ、『私、お姫様なの』みたいな感じにしてるけど、それがちゃんと通るというか、顔小っちゃいし、白いし……『何で自分だけドレスアップしてるの?』って思うけど、めっちゃ可愛いから何でも許せちゃうよね」と力説。さらに、「まっちゅん自分で『超、ジコチューな企画だよね~。自分はドレス着て、かりんちゃんには頭にお米とお箸載せて』ってずっと言ってた(笑)。でも本当に、まっちゅんの想像力はすごいですよね!」と、“さゆりんご軍団・大統領”である松村を絶賛した。 続いて、9月2日に千秋楽を迎えた『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018』の話題に。メンバー自身がどうしてもやりたかったことをプロデュースする「ジコチューユニットコーナー」で、西野七瀬、松村沙友理、生田絵梨花プロデュースのステージに参加したことを振り返った伊藤。大阪公演においてさゆりんご軍団で「命の真実~ミュージカル『林檎売りと白米』」を演じたことについて伊藤は「まっちゅん(松村)の中で、お姫様役をやるっていうのは多分決まっていたんだけど、それ以外をどうしようって考えてたっぽくて。で、知らぬ間に私はお米役とかリンゴ役になりました(笑)」と経緯を説明した。

その後、自身も参加するアンダーライブの話になった際、「タオルを掲げすぎるのは……気持ちはわかるんですけど、絶対、(胸の位置でタオルを掲げるポーズを取りながら)この位置まででお願いします。背が低い人が、前の人にタオルを掲げられると、本当に何も見えないので、ぜひ、みんなが楽しめるライブにできたらいいなと思っています」とファンに向けて優しく呼びかけた。

番組終盤には、各曜日の担当メンバーが競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の競技は「三文字縛りのしりとりゲーム」。これは、一人で三文字の言葉を使ったしりとりを行っていき、60秒間でいくつの単語が言えるかを競う種目だ。

伊藤は、最初の言葉「あ」から、「あんこ」⇒「こあら」⇒「らっこ」⇒「こども」⇒「もずく」⇒「くるま」⇒「まいく」と順調に言葉を連ねていったものの、途中からところどころつかえてしまい、結果は18個。「少ない気がする~!」と本人的には不本意だったようで悔しがった。

ラストには、本日火曜日出演予定のメンバー・佐々木琴子への宿題を決めることに。伊藤は画用紙に「琴子へ ウィンクしなさい かりんより」とメッセージを書き残し、番組を締め括った。


関連記事

乃木坂46知ってる??

乃木坂46としてラストの舞台に挑む若月佑美「新しい1歩を踏み出す私を示します!」

批判の声が多数!?乃木坂46、22ndシングルに選抜メンバー個人PVと西野七瀬ドキュメンタリー

<生駒里奈>「女の子らしい役初挑戦」 乃木坂46卒業発表の若月佑美とは「切磋琢磨」

乃木坂46、メンバープロデュースで見せた“新たな繋がり” 「ジコチューユニットコーナー」振り返る

乃木坂46和田まあや「乃木坂工事中」クイズ大会で珍回答 バナナマン設楽統もあきれる

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です