樹木希林さんが死去 5年前に全身のがん告白

樹木希林さんが死去 5年前に全身のがん告白

 

数々の映画、ドラマ、CMで活躍した女優樹木希林(きき・きりん)さん(本名・内田啓子=うちだ・けいこ)が15日に都内で亡くなったことが16日、分かった。75歳だった。
5年前に全身のがんであることを明かし、先月13日には左大腿(だいたい)骨を骨折し入院中だった。夫はロックミュージシャン内田裕也(78)、長女内田也哉子(42)の夫は俳優本木雅弘(52)。
個性派女優で知られ、ドラマ「寺内貫太■(■は郎の旧字体)一家」「時間ですよ」、映画「万引き家族」など是枝裕和監督作品、CMなど、数多くの作品で知られた。歯に衣(きぬ)着せぬ発言でも人気だった。

 

樹木 希林(きき きりん、1943年1月15日 – 2018年9月15日)は、日本の女優。戸籍名、内田 啓子、旧姓:中谷。また、旧芸名は悠木 千帆(ゆうき ちほ、初代)。東京市神田区(現・東京都千代田区)出身。

夫はロック歌手の内田裕也。間に娘・内田也哉子(エッセイスト、本木雅弘夫人)がいる。夫の内田とは長く別居を続けている。

父は薩摩琵琶奏者・錦心流の中谷襄水(辰治)[1][2]。妹も薩摩琵琶奏者の荒井姿水(昌子)。その息子も薩摩琵琶奏者の荒井靖水で、妻の荒井美帆(箏・二十五絃箏奏者)とDuoで活動している。

2018年9月15日死去。享年75。

2008年、紫綬褒章を受章した。

2013年3月8日の第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。そのスピーチにおいて、全身がんであることを告白したが、2014年1月16日に1年半ぶりのガン治療が終了したことを会見で公表している。

2018年8月13日、大腿骨を骨折したため同月15日に緊急手術を行った。翌16日に予定していた生放送の出演は見送り、電話出演にて状況を報告した。