<生駒里奈>「女の子らしい役初挑戦」 乃木坂46卒業発表の若月佑美とは「切磋琢磨」

アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの生駒里奈さんが23日、東京都内で行われた主演舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」の制作発表会見に登場。主人公の亡国の姫・ヨナを演じる生駒さんは「今までは男の子の役だったり、女の子だけど自分を『僕』という役ばかりだったので、女の子らしい役は自分にとっては初挑戦。そこを頑張りたい」と意気込みを語った。

 生駒さんは「お姫さまというのも演じる上で楽しい部分ですが、父を殺されて国を追い出されてからのハクとともに成長していくさまは、どういうふうに演じたらお客さまに伝わるかなというところが一番難しいし、やりがいがある」とコメント。「今も悩んでいますが、見に来てくださった方が『よかった』と思ってもらえるようなヨナを演じられればと思います」と語った。

 乃木坂46のメンバーに舞台を見に来てほしいかと聞かれると、生駒さんは「年末のお仕事が始まる時期でもあるので、体を休めるのを優先してもらい、時間があったら見に来てほしい」と、メンバー思いの顔をのぞかせた。さらに卒業を発表している若月佑美さんが同時期に主演舞台を控えていることについては、「お互いに違うところで頑張れていて、切磋琢磨(せっさたくま)できる存在。LINEで『お互い頑張ろう』というやりとりもしていて、頑張っているのを感じながらやれるのはうれしい」と笑顔を見せていた。会見には、ダブル主演を務める「DISH//」の矢部昌暉さん、山本一慶さん、西川俊介さん、奥谷知弘さん、木津つばささん、樋口裕太さんも出席した。

 舞台は、少女マンガ誌「花とゆめ」(白泉社)で連載中の草凪みずほさんのマンガ「暁のヨナ」が原作。天界から下った龍により建国されたという高華王国(こうかおうこく)を舞台に、王位を狙う従兄の謀反で父王を殺された王女・ヨナが、幼なじみで護衛役のハクとともに流浪の旅をしながら、運命に立ち向かっていく姿を描いている。2014年にテレビアニメが放送されたほか、16年には新垣里沙さん主演で舞台が上演された。

世間の声は

  • ドラマから舞台まで凄い活躍してますね。
    流石の人気!
  • 乃木坂卒業後も順調だね。応援してます
  • 生駒ちゃん好きだけど、おっさんずラブでの演技が棒読み&不自然すぎてやばかった。
    なんでこんなにオファーがあるのかわからない。今はうまくなったのかな?
    役所がまた人気女優役だったからな…一人浮きに浮きまくってた印象しかないわ
  • 生駒が卒業したことで、乃木坂がだんだん下り坂なってきたよな
  • 生駒ちゃん、応援しています。
  • 乃木坂時代から変わらず
    他のメンバーをフルネームで宣伝する生駒ちゃん
    好きです
  • 急に大人っぽくなったよね!
  • アニメファンからしたら、糞配役なんだろうな・・・
  • 生駒ちゃんの言葉って相変わらず出来の悪い作文みたいで何か引っかかるんだよね。もうちょい普通にしゃべれないのかね?




関連記事

乃木坂46知ってる??

乃木坂46としてラストの舞台に挑む若月佑美「新しい1歩を踏み出す私を示します!」

批判の声が多数!?乃木坂46、22ndシングルに選抜メンバー個人PVと西野七瀬ドキュメンタリー

乃木坂46、メンバープロデュースで見せた“新たな繋がり” 「ジコチューユニットコーナー」振り返る

乃木坂46和田まあや「乃木坂工事中」クイズ大会で珍回答 バナナマン設楽統もあきれる

乃木坂46、12月上海で初の単独コンサート「上海メルセデス・ベンツアリーナ」

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です