勝谷誠彦氏28日未明に死去57歳、宮崎哲弥氏、加藤浩次も無念 スッキリで

勝谷誠彦氏 28日未明に死去 57歳 公式サイトが発表








コラムニストや写真家として活躍した勝谷誠彦(かつや・まさひこ)氏が28日午前1時48分、生まれ故郷の兵庫県尼崎市で死去した。57歳だった。同日、公式サイトで発表された。

公式サイトには「勝谷誠彦は11月28日に死去いたしました 勝谷誠彦は、2018年11月28日午前1時48分、生まれ故郷の尼崎で57歳の生涯を閉じました。生前、応援していただきました皆様、お世話になった皆様に厚く御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。」と記された。

勝谷氏は8月21日、毎朝メール配信する有料配信コラム「勝谷誠彦の××な日々。」で「腹痛と膨満感で、3分ほども座ってられない」「まえ屈みだと、右脇腹に激痛が走る」などとつづり、緊急入院。アルコール性の劇症肝炎と診断された。

その後、10月9日に退院し、同14日にはパーソナリティーを務めるFM香川「怒れるおっさんラジオ」(日曜後6・00)に復帰(同13日に収録)。番組冒頭「恥ずかしながら帰ってまいりました」とあいさつし、当初は黄疸がひどく「横断歩道みんなで渡れば怖くないと言いますが、僕の黄疸(横断)歩道は1人で三途の川を渡ろうとして、すごく怖かったです」とコメントした。同20日には退院後、初の公の場となる「尼崎市民医療フォーラム」に参加していた。

勝谷氏は1960年兵庫県尼崎市生まれ。早稲田大学第一文学部在学中にフリーライターとしての活動を開始。大学卒業後は文芸春秋に入社し、「週刊文春」の記者を経て、フリー転身後はコラムニスト、写真家として活躍。読売テレビ「そこまで言って委員会」、日本テレビ「スッキリ!!」など多数のテレビ、ラジオ番組に出演し、辛口コメンテーターとして人気を集めた。

極楽とんぼの加藤浩次が28日、日本テレビ系「スッキリ」で、コラムニストの勝谷誠彦氏の訃報に「残念」と無念の思いをにじませた。勝谷氏は06年から15年まで同番組のコメンテーターを務めていた。また評論家の宮崎哲弥氏は「自死に近い死だったと思う」と、勝谷氏を悼んだ。

番組では、9年間コメンテーターを務めた勝谷氏の訃報を放送。MCの加藤は「印象的なのは、何も忖度せず思ったことははっきり言う。言論の自由だ、言いたい事言うんだとはっきり言う。どんなバッシング浴びても…」と勝谷氏の舌鋒鋭いコメンテーター時代を思い起こした。

その一方で、プライベートで食事に行くと「その時の優しさというか…。すごい繊細。この日本酒美味しいよとか」と気遣いの人であった一面も明かした。

加藤は勝谷氏を番組から失いたくないからと「もうちょっと興奮しないで、勝谷さんの意見間違ってないからもうちょっと分かりやすく言ってくれませんか?と後輩ながら言わせてもらうと『そうか、分かった分かった』と言ってくれるけど、次の週からまた興奮して言うという…」と振り返り「僕はコメンテーターとしてずっといてほしかった」と残念がった。

死因は明らかにされていないが、勝谷氏が8月にアルコール性肝炎で入院したこともあり、加藤は「お酒ですよねえ。お酒が悪いというわけではないですけど」と言うと、評論家の宮崎哲弥氏は「敢えて勝谷誠彦風にコメントするとするならば、酒をずっと飲み続けて、自死に近い死だったと思う」と、沈痛な面持ちで早すぎる死を悼んだ。







世間の声は

 

  • 好きな方でした。
    コメンテーターとしてお金をもらうならば、批判を浴びても自分の意見を言ってほしいと思うので。
    でも加藤さんの出演し続けてほしいから、少しこらえてという気持ち 、そうかぁと思いました。
    コンクリート事件で未成年の犯人達の実名報道にふみきってくれましたね。
    スッキリでふなっしーが加藤さんに投げて飛ばされた時の爆笑、忘れられない。
    毒舌はいて、くそじじいになってほしかった。
    残念でたまらない。

  • 自死に近い死。好きなことをやって、好きなお酒を飲んで、後悔のない人生ならそれでよいと思います。心からご冥福をお祈りします。

  • 生きることは辛い、どうにもならことがあるし、
    酒が相棒になり、結果これなら幸せかもしれない、
    死んでしまうのは、これがその人の寿命だろう。

  • 残念です。勝谷さんらしい、散り際だったのかな。勝谷さんは、女子高生コンクリート詰め殺人の少年を実名報道した人。それに、ゴーサインを出したのが花田さん。この二人の師弟関係も楽しかったね。

  • そこまで言って委員会の勝谷さんの発言は好きでした。損得無しで自分の意見言ってましたね。

    毎回楽しみにしてました、何時しか出演しなくなり宮崎さんも出なくなり最近は面白くないから見なくなりました。

    なんで出演しなくなったのか?わかりませんが自由な意見を言える人が居なくなり寂しい限りです。

    天国で三宅さん、津川さんと激論バトルでもしてるかな?

  • とても感性が鋭くて繊細で正義感が強く優しいからこそ、自分の考えに外れたことや人に我慢できずに意見を言いたくなってたのかな〜。
    はっきり意見を言う熱血漢って、意外と他者から攻撃され続けたり、自分の意見を聞いてくれない状況になると、凹んでしまいますよね。心が折れやすいんだと思います。残念です。

  • 「酒をたくさん飲まなければ」と言ったところでそれで酒が止められるものではないとはわかってはいるけど、それでも「酒をたくさん飲まなければ」と思わずにはいられない!!それだけ勝谷氏には末永く生きて迫力のあるコメントを出し続けてほしかったのだが……。ただただ、残念!!

  • 「自死に近い死だったと思う」

    詳しい事情はわかりませんが、ぱっと私が思ったのも、似たようなことでした。

    勝谷さんに限らず、そこだけ見ると自死に見えなくても、長く緩やかに自死的行為を続ける人は、世の中確かにいるように思います。

  • アルコール依存症だったのですね。
    どちらが先だったのかわかりませんが、アルコール依存と鬱は両方発症する方が多いので、精神的にもきつかったのかあと想像します。

    しかし依存症者は本心かどうかはともかく、酒飲んで死ぬなら本望とかいう人もいますが、まさかそのとおりになるとは。
    アルコール依存症者は50代半ばでなくなる人が多いと言いますが、
    まさにそのとおりの年齢でお亡くなりになり、とても残念です。

    辛口コメントは爽快で、過激な面もあったけどわりと好きなコメンテーターでした。
    知事選のときにはお元気そうに見えたのですが、ある時を境にメディアからすっかり姿を消してしまった印象ですが、
    それも病のせいだったのでしょうか?
    60歳に届かずなくなるのはご本人も無念だったのではないかと思います。
    ご冥福をお祈りします。

  • おそらく今の日本を見ていろいろとものを言いたいことも沢山あったことでしょう。
    とはいえ、自分の好きなことをやって、言えて、お酒を飲んで・・・の人生自体は勝谷さんも満足していたのではないでしょうか。
    とはいえ、今のコメンテーターはコンプライアンスなど自分の立場を守りすぎるせいかコメントもスマートすぎてつまらないが勝谷さんみたいなコメンテーターがいなくなりつつあるのは寂しい限りです。

     

  • テレビやなんかで思ったことを言うのは勇気がいると思う。言い過ぎ!偏りすぎ!と思うこともあったけど、だって言いたいことだから!って事だったんでしょうね。こちらはせいぜいヤフコメくらいでしか思ったことを言えない(~_~)
    ご冥福をお祈りします。

  • 彼はそれを了解してたんじゃないですかね?
    長く細く、ではなく、太く短く。
    らしいといえばらしい。合掌。

  • 鬱を発症され体験を話されていましたね。ネットの配信映像では、飲酒しながらのトークが良くあった。鬱というより双極性障害の躁と鬱の気分障害にご苦労なさっていたのではないかなと思います。気分障害とアルコールの長期多量摂取による身体への悪影響が、「自死に近い死」を招いたのではないでしょうか?やしきたかじんさんもアルコール好きでしたよね。アルコールは、脳神経に作用し依存性をもたらす禁止薬物と同等のものです。「ハレの日に楽しく飲む」ようにして、毎日連用で摂取する習慣は止めましょうね。

  • >言いたい事言うんだとはっきり言う。どんなバッシング浴びても…

    一見、モノにどうじなさそうで繊細な心を持った人という、印象を受けていた
    結局バッシングに耐えられなかったことが自死を選んだ理由だと思う
    ご冥福をお祈りする







  • 「そこまで言って委員会」で、口先だけのコメンテーターのいい加減な発言を、一括していた姿はかっこよかったです。
    勝谷さんの言葉には、力がありましたね。
    自らが取材した事や勉強していたこその説得力だったんでしょうね。

  • 自分の考えを貫いた人生だったんだろうと思います
    コメンテーターとしては嫌いではなかったので残念です
    ご冥福をお祈りします

  • 番組で共演していたこと、これは本当に悲しむよな……。
    と同時に、病魔の怖さも実感させられるし。

    心より、勝谷さんのご冥福をお祈りします。

  • 彼の言動を伝え聞いていた者からすると、自死ってのはあながち間違いではないと思う。

  • そこまで言って委員会に出られなくなったのは ある団体の批判をしたからという噂もありますね

    たかじんが司会で三宅さんがいて勝谷さんがいるあの頃の委員会が一番面白かったなぁ

  • 番組の制作サイドがしてほしいコメントしかできない連中が多いなかで数少ない部類の人だったのかも

     

  • これからの日本に必要な人だったと思う
    本当に残念
    心からご冥福をお祈り申し上げます。

  • ファンでした。講演会にも行きました。
    「そこまで委員会」「カツヤマサヒコショー」欠かさず見てました。
    残念です。もっと、毒舌、言いたいことを聞きたかったです。

    あちらで、たかじんさんと再会するでしょうから、
    今度は、ほどほどにお酒飲んでください。
    出来る限りのことは、やりつくせたでしょうから、
    ご本人も本望だったのではないか。

    ご冥福をお祈りします。

  • 加藤さんの番組にいて欲しいと思う気持ちから、勝谷さんへ諭した言葉が優しい。
    残念ですが、闘病も辛かったでしょう。お疲れ様でした。

  • 切り口が鋭い個性的なコメンテーターだったし、まだ57歳と云う若さだから残念極まりない。

    慎んでご冥福を御祈り致します。

  • こういう方の人生は何故か太く短い。
    こういう方こそ太く長く、テレビに出て頂きたかった。
    ご冥福をお祈りします。

  • 酒が好きで飲む人に酒を飲むなと言っても聞き入れる事はない。
    勝谷氏の辛口コメントは好きだったのに残念です。ご冥福をお祈りします。

  • 勝谷は、酒の量は大したことないと思うわ。
    ただ人によっては、飲酒習慣があるだけで、すぐに肝炎になる。

  • 残念。ほんとに頭の回転が早く、目の付け所が鋭く、真っ当な日本人の感覚を持った、歯に衣着せぬ物言いの、愛嬌のある人だった。日本にとって大切な人だったと思う。日本のために復帰して欲しかった。

  • 向こうで三宅久之さんと政治談義でもして下さい。
    合掌

  • この人ほど賛否が分かれる人も珍しかった
    57歳とは思わなかったな
    ご冥福をお祈りします