元NMB48須藤凜々花、今月末で芸能界引退 哲学者を目指し勉強に専念【コメント全文】 | Rugle's news site

Rugle's news site

元NMB48須藤凜々花、今月末で芸能界引退 哲学者を目指し勉強に専念【コメント全文】

time 2019/01/21

元NMB48須藤凜々花、今月末で芸能界引退 哲学者を目指し勉強に専念【コメント全文】

NMB48須藤凜々花(22)が、今月31日をもって芸能活動を終了し芸能界から引退することを所属事務所を通じて発表した。今後は以前から公言している哲学者を目指し、その第一歩として大学入試に向けて勉強に専念する。

かねてから哲学者を目指しながらタレント活動を並行させてきた須藤。事務所関係者によると、昨年の春ころに本人から申し出があり、将来の進路について相談を重ねてきたという。最終的には本人の意志により芸能界からの引退を決断。2月以降も収録済みの番組の放送などはあるが、活動は今月いっぱいで終了となる。

須藤は所属事務所を通じてコメントを発表。アイドルとしてデビューし、メンバーやスタッフ、ファンから支えられ「多くの哲学を学びました」と振り返りながら「そんな恵まれた環境にいながら、芸能界で活動をすることに、私の中で、葛藤が生まれ、皆様に支えられながら、活動を続ける中、葛藤がどうしても消えず、このまままでは申し訳ないと考え決意しました」と引退の理由を説明。







今後に向けて「芸能界からは、離れますが、自分の意志を貫いて、悔いのない人生を送っていきます。そして今は、まず第1歩として、大学入学試験に向けて、夢を叶えるために勉強を頑張っています」と決意し、「いつの日か『哲学者』須藤凜々花でお会い出来たらと思います。今まで本当にありがとうございました」と感謝の言葉で締めくくった。

須藤は2013年のドラフト1期生としてNMB48に加入し、翌14年デビュー。11stシングル「Don’t look back!」で初選抜入りし、12thシングル「ドリアン少年」では初センターに抜てきされた。17年6月に沖縄で行われた『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベントで20位にランクインし、壇上のスピーチで「結婚します」と宣言し、AKBグループファンのみならず世間に衝撃を与えた。

8月には卒業公演を行い、ソロタレントとして活動を開始。翌18年4月に20代の一般男性と結婚し、会見で「いろいろお騒がせしましたが、無事に結婚いたしました。みなさんに感謝して、たくさん笑いあるステキな生活を送っていきたい」と報告していた。また、6月のイベントでは「芸能界を続けるか辞めるかですごく迷った時期があった」と告白し、矢口真里の助言により芸能活動を続けていくと語っている。







■須藤凜々花コメント全文

お世話になった全ての皆様へ

心身ともに、体調不良が続き、お休みを少しさせていただいておりましたが
1月いっぱいをもって、芸能活動を終了させていただくことになりました。
突然のご報告になり、申し訳ございません。

私は、哲学者になるという夢を抱いて、NMB48に加入しました。
そして、メンバー、スタッフ、そして何より応援してくださったファンの皆様から、多くの哲学を学びました。
そんな恵まれた環境にいながら、芸能界で活動をすることに、私の中で、葛藤が生まれ、
皆様に支えられながら、活動を続ける中、葛藤がどうしても消えず、
このまままでは申し訳ないと考え決意しました。







結婚のときや今回の決断など、いつも自分の意志を貫かせていただいて、
ご迷惑をたくさんおかけしていることを本当に申し訳なく思っています。
約5年4ヶ月芸能界で、いろいろな経験を積ませていただいたことは、感謝の気持ちでいっぱいです。

芸能界からは、離れますが、自分の意志を貫いて、悔いのない人生を送っていきます。
そして今は、まず第1歩として、大学入学試験に向けて、夢を叶えるために勉強を頑張っています。

いつの日か「哲学者」須藤凜々花でお会い出来たらと思います。
今まで本当にありがとうございました。






down

コメントする













【 サイト内検索 】