羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめに怒りの声!

ニュース

羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめに怒りの声!


羽交い締めにされて激辛カレーを無理やり食べさせられる男性教員(提供写真、画像の一部を加工しています)

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。

男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から休暇による療養を余儀なくされている。担任していたクラスには急きょ臨時講師が配置されている。

関係者によると、加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人。LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要。男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりした。

また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた。男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。

一連の行為について、同校の管理職は今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したとされる。

男性教員が所有する車の上に乗る加害側の教員(提供写真、画像の一部を加工しています)

9月になって市教委は、男性教員の家族から男性教員の状態について連絡を受け、事実関係の調査を始めた。被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討するもよう。

加害側の4人は10月に入って休んでおり、市教委は速やかに人事異動などで人員を補充する方針という。

男性教員側は、処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴について検討するという。

いじめの問題を巡っては、同市垂水区で市立中学3年の女子生徒がいじめを苦に自殺し、いじめについて証言した同級生らのメモが隠蔽(いんぺい)された問題を受け、市教委は9月30日に「組織風土改革のための有識者会議」から最終報告書の提出を受けたばかり。報告書は、いじめ防止対策推進法の趣旨を学び続ける▽いじめが絶対に許されない行為であると児童生徒に指導する-などと提言している。

 世間の声

 

  • 刑事案件として扱うべきものと思います。
    学校側・教育委員会の対応も問題だが、
    パワーハラスメントの相談窓口であったり…
    組織内の問題を解決する仕組み自体が機能しなかったのか?
    それともそもそもそういう解決する仕組み自体が存在しないのか?

    ひとつ確実に言える事は、これらの組織で児童のイジメ問題が起こった時には解決できないでしょうね。

  • これは普通に事件です。
    警察が動くべき案件だと思う。
    教育現場には警察を介入させないとか偽善めいたことを言っている場合ではありません。
    話が違います。
    これは刑事罰レベルではないでしょうか。
    教師のモラル低下が心配です。
    教師の印象がますます悪くなり、教員希望者が減り、結果的に教師の質が低下するという悪循環に陥っていく。
    教育委員会はいい加減隠蔽体質を改め真剣に問題解決に取り組む姿勢を見せていったほうがいい。
    教師間でいじめてるようじゃ生徒間のいじめゼロなんて夢のまた夢ですよ。

  • これ、まともな精神的成長が出来ていない連中だな。
    こんな幼稚な精神を持つものが、学校の現場に先生として採用されることのシステムが間違っている。複数のいじめっこの先生が同じ学校に配属される確率は、神戸市全体にこの4人が特別なら、確立は非常に非常に低いことになる。
    そうでなければ、クラスにいる発達障碍が疑われる子供がいる程度の数だけに先生に不適切な人が先生をしていると考えたほうがよさそう。
    神戸市には、組体操の取りやめに従わない学校とか、問題多い。

  • これがいじめであるというのは間違い。刑事事件にすべき案件、怒りがこみあげます。加害者側の先生は、懲戒免職にして欲しい。

  • >去年から先輩教師4人にコピー用紙の芯で尻が腫れるまでたたかれた

    内容から、非常に悪質、暴行傷害罪に該当するのではないでしょうか。
    刑事事件として扱ってほしいですね。

    >今月に入っていじめをした側の教師4人も休んでいて

    これだけ酷いことをやっておきながら、ばれた途端にドロンですか?
    教師以前に社会人として失格ですね。
    自身のやった行為に対してそれ相応の責任を負うべきです。

    そして、これらの教師に教わっていた児童が可哀想ですね・・・

  • このような事例はどこの学校でもあります。ところが、前提として「ない」ことになっています。そして、セクハラには敏感になっていてもパワハラには全く無頓着です。そもそも「ない」というこが大前提なので、相談する窓口はありません。相談先が職場にないのだから、警察や弁護士や法務局などの外部機関に相談するしか手はありません。仮に「相談窓口」のようなものがあったとして、相談しても結局は被害者の「思い過ごし・被害妄想」と決めつけられ「なかったこと」にされます。いじめを撲滅する側の教師間には、あってはならないことなのです。ですから、被害を蒙って相談した場合は「職場に余計な波風を立てた」とされ、異動の対象になります。これは一般論ではなく、私自身が体験したり、第三者として見聞した事実です。特に「職場の仲間」とか「チーム○○小(中)学校」という綺麗ごとを掲げている職場は要注意です。

  • この事例は、特別なことではないと思う。多かれ少なかれ、程度の差こそあれ、教師間のいじめは横行していると考えるべきだ。もっと、多くの学校で調査すべきだ。

  • 学校現場で働く者ですが、次々に出てくるいじめ問題に管理職を交えて本気で向き合っても、こういう事件やいじめ隠蔽問題があると一部の保護者から私の学校も一括りにされてしまいます。「どうせ隠すんでしょう」とか「先生もいじめる時代ですからね」と言われてしまいます。このような輩と同じ教師として一括りにされたくないので、実名報道で暴行事件として逮捕してください。また、「教師間のトラブル」としていじめを隠蔽しようとした方にも何らかの処分をお願いします。いじめを止めなくてはいけない立場が明らかないじめをしているのですから絶対に教師として仕事復帰は許されません。教師や子どもを守るためにも厳罰をお願いします。

  • 実名報道するべきでしょ!

  • 神戸市教育委員会が加害者の教師を懲戒免職にすることを願います。日ごろ、子どもたちにどういう指導をしていたのでしょうか。自分のしていることは棚に上げて、「いじめはだめだ」と言っていたのでしょうか。加害者の教師に、教師たる資格はないと思います。教師以前に、人間失格です。

コメント