井上尚弥、5階級王者ドネアに判定勝ち!バンタム級世界最強を証明/WBSS

スポーツ

井上尚弥、5階級王者ドネアに判定勝ち!バンタム級世界最強を証明/WBSS


ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ち。キャリア20年の5階級王者を倒し、ムハマド・アリ・トロフィーを手にした。
「井上尚弥ドネア」の画像検索結果

“黄金のバンタム”で世界最強を証明した。ファイティング原田、長谷川穂積、山中慎介など、伝説の王者たちが名を刻んだ中量級で、怪物が頂点に君臨した。

自身の試合前、WBC暫定王者の拓真(23)が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に0-3で判定負け。大一番を前に動揺が広がる中、尚弥だけは冷静だった。右ストレート、左ボディーの破壊力は抜群。2回にドネアの有効打で右目上をカットし出血し、8回には再び流血し追い込まれる場面もあったが、11回に左ボディーでダウンを奪うと、最終12回にラッシュをかけた。
「井上尚弥、5階級王者ドネアに判定勝ち!バンタム級世界最強を証明/WBSS」の画像検索結果
初戦の準々決勝で1回KO、準決勝では2回TKOと順調に勝ち上がってきた。プロ転向前から憧れ、2014年末の試合前には直接指導も受けたドネアは、強烈な左フックを武器とし異名は「フィリピンの閃光」。これまでプロ45戦40勝(26KO)5敗の戦績を誇った百戦錬磨のベテランとの激闘を制し、2万人が埋めたスタンドの期待に応えた。

3日に本格的な練習を終え、試合4日前の時点で減量をクリア。通常なら試合前日に行う計量に合わせて体重を落としていき、減量に苦しみ10グラムのためパンツを脱いで体重計に乗る選手もいる。しかし、尚弥は“自己最速”ともいえる速さで臨戦態勢に入っていた。
「井上尚弥ドネア」の画像検索結果
新たな目標へ向けて負けられない一戦だった。プロボクシング6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(40)=フィリピン。現時点で3階級制覇の尚弥はスーパーバンタム級、フェザー級とさらに複数階級制覇を狙うほか、米ラスベガスでのメイン出場などアジア発のスターとして米国に進出していく青写真を描く。

蝶のように舞い、蜂のように刺す伝説のヘビー級王者、アリの名を冠した金色のトロフィーを腕に抱いた。世界一のパウンド・フォー・パウンドへ、最強の拳を磨き続ける。

世間の声は

 

  • 誰だよ衰えたの余裕だの言ってたの!これまでの相手と比較しても圧倒的に強かったじゃないか…

  • 非常に見ごたえのある試合でした。序盤の目の上のカットが影響した部分もあるが、何とかしのいでくれた。井上尚弥おめでとう!強かった。

  • 井上尚弥、おめでとう!
    物凄い試合でした。お互い素晴らしいボクシングをみせてくれました。
    ありがとう!

  • 勝って良かったけど
    ドネアすごいな

  • ドネアの意地が凄かった
    並の選手なら5Rで終わりだったと思う
    絶対倒れない、という断固たる意思のドネアから、ダウンをとった、井上の強さ
    見ていて面白かった
    凄かった
    伝説の試合を見れた

  • ドネア舐めすぎてました。全盛期過ぎても本当のレジェンド
    それを超えた井上。今後も楽しみでしかない
    このマッチ見れたことに感謝

  • 井上尚弥選手おめでとう!
    歴史が変わりましたね。
    それを見れた私は幸せです。
    興奮しました!本当に凄かった!
    判定前に井上尚弥選手がドネア選手に挨拶に行った所で涙が出ました。
    最高の試合でした!
    素晴らしい試合をしてくれた二人に有難う!

  • 凄かった。最後の最後まで凄かった

  • おめでとうございます️
    右眼をカットした時は心配しましたが、素晴らしい試合でした。
    感動をありがとうございます。

  • 素晴らしい試合を見せてくれた。

    両者の技術が結集された試合だったと思う。

    さらなる高みを目指してほしい。

  • 井上尚弥選手の試合の中で間違いなくベストバウトだった。良くも悪くもピンチの場面も見れてシビれた。この教訓を糧にもっともっと高みに駆け上がって行くだろう。おめでとう。
    そして、人格者でもありレジェンドでもあるドネア選手にも拍手を送りたい。

  • 年齢的に厳しいかと思ったが、ドネアがベストのコンディションに仕上げてきてくれた。良い試合やった。

  • 最後まで、気の抜けない一戦だった。
    井上は少し本調子ではなさそうに見えたが強烈なボディーだった。

    ドネアもかなり打たれ強いし、左フックは脅威だった。あと数歳若かったらもっとわからなかっただろう。

  • 素晴らしい試合をありがとう。最後の両者がハグしたのは互いに尊敬し合い称え合ってる感じがして感動しました。

  • 途中でダウンを貰ったドネアは負けていることは分かってたはずです。
    12Rのドネアが最後に叫びながらパンチを出した時に泣きそうになりました。
    技術と意地とボクシング愛が見れたすごい試合でした!
    2人とも本当に素晴らしい選手ですね。
    井上おめでとう!!

  • 凄い試合だった。
    最高峰のボクシングを見せてもらいました。
    とにかく感動した。

  • ドネアの回復力は凄かった。序盤でぐらつかせたときはこのまま行くと思ったが、中盤は形勢逆転、10Rのボディでのダウンがなければどちらに転ぶかわからなかったくらいの接戦だった。年齢的にピークを過ぎてあのパフォーマンスを見せるとは凄い。井上も初めてまだまだ上がいると思ったのではないか?

  • 厳しい試合だったけど、どんなハードパンチャーでも全てKOは難しい。まして相性もある。
    お互い試合のあと、抱擁していたけどベストを尽くした証。凄い試合をみせてくれてありがとう。
    これからが本当の勝負。頑張ってほしい。

  • 井上おめでとう!!
    いや~、すごい試合だった!!
    ドネアの打たれ強さに驚いた。
    全盛期のキレがあったら危なかった。。
    直前で弟が敗れ、大本命のWBSS決勝、相手はドネア。メンタル的にかなりキツかったと思うけど勝ちきるのは実力のある証拠。
    ここからがさらに楽しみ!

  • ヒリつく凄い試合でした!
    初めてピンチらしいピンチを目にしましたが、とても良い経験をしたんだとおもいます。タクマは負けてしまったけどいいものを見せてもらいました。
    さらなる高みへ応援してます。

     

  • ドネア、強かった!
    ここまで井上が苦戦するとは。
    勝ってくれて良かった。
    試合後の両選手の態度といい
    観ていてハラハラしたけど
    良い試合だった。

  • こんなにお互いのテクニカルな試合は久々
    ダーティーな所もなくて
    KO奪えなかった事でもしかしたら世界的な評価は戦前よりは少し下がるのかもしれないけどドネア相手に12ラウンド戦った経験は確実に彼を更に強くしますよね
    今後の彼の展開が楽しみです

  • ドネアやっぱりレジェンドだわ。素晴らしいコンディションに仕上げてきましたね。全盛期のバンタム時代のドネアと対戦していたらどうだったろうか?と、ふと思ってしまいますね。お互いに死力を出した素晴らしい試合でした。両選手ともお疲れ様でした。

  • 素晴らしい試合でした♪感動しました。2人ともチャンピオンにふさわしいと思います

  • 優勝おめでとう!
    前評判は圧倒的に井上と言われていたが試合中盤もこえてカットしたあたりからヤバいんじゃないかという不安があったが足を使い出してから自分のペースを取り戻してきてダウンを奪った。
    久々にヒヤヒヤしたいい試合を見て感動しました。

  • 主導権が行き来する、息もつけない攻防の面白さ。
    行けると確信したであろうドネアを鮮やかに跳ね返した10ラウンド終盤の攻撃が、次ラウンドのダウンにつながったのかと思いました。
    あれだけの傷を止めてしまうカットマンも凄い。
    KO決着ではないけど、ドラマのような駆け引きのある展開が素晴らしい試合でした。井上選手おめでとうございます。ドネア選手ありがとうございました。

  • ドネアを褒めたい試合。
    減量の後、1日で体を戻すコンディション調整がものすごく重要。明らかにドネアの方が成功してた。そして、圧が画面から伝わってくる。
    井上の攻略法を示された一戦だったように感じる。消耗ありの技術戦になったけど本当にすごい試合だった。

  • 11Rにダウンを奪えなければ判定負けだったかもしれません。井上尚弥にとっては出血も初めてで、キャリアで最も苦戦した試合でしたが、これを経験して更に進化するのではないでしょうか。両選手の健闘を称えます。

  • ドネアの駆け引きの多彩さと技術的な手数、深さが目立った。絶対ダウンしているはずのところで体勢を立て直し、打ち返すだけの心身の強さと技術を持っていたのは凄い。
    井上は力で上回っていたが、少しだけドネアに合わせすぎた。リスペクトしていたのだと思うが、より確実に勝ちに行くなら自分のペースで戦うべきだったろう。
    しかしそういうリスペクトのある戦い方だったからこそ、最後にドネアが井上を認めるしぐさを見せたのだから、コレはこれで素晴らしい結果だっとと思う。

  • ボクシングで、こんな素晴らしい試合見たのは久しぶり。
    試合が終わると同時に、井上選手がドネア選手に駆け寄る姿は、本当に感動しました。
    ーリスペクトー
    ラグビーもでしたが、最近様々なスポーツで涙流す事が多くなりました。
    素晴らしい試合ありがとうございました

     

  • 間違いなく日本のボクシング史上1番最高の試合でした。
    まず驚いたのがドネアの体格の大きさ。
    前日の計量から5kgくらいは戻してきたと思う。
    1Rでいつものように距離を掴んだ井上だったが、2R最初ちょっと悪い意味の余裕を出していましたね。もうフィニッシュブローを考えてるような。そこにドネアの左フックがドンピシャ、更に右目カットでやっと井上が本気になったように見えました。
    ただやっぱりドネアは強かった。
    強かったというより決して熱くならず冷静に積み重ねていくボクシングだった。
    11ラウンドのダウンがなかったらドネアが判定勝ちでも違和感は無かった。
    なんだろう、本当ドネアで良かった。
    井上おめでとう!

  • 井上尚弥と12R戦えたドネアは凄い。
    勝ちは井上尚弥だったけどほぼ互角と言える。
    若い頃のドネアが如何に強かったかわかった。
    こんな苦戦した井上尚弥見たのも初めてだった。
    結果は判定だったが勝ちは勝ちなのでこれからも勝ち続けて欲しい。
    とにかく激戦を勝ち抜き本当におめでとう!!
    感動しました。


  • 決勝にふさわしく素晴らしい試合でした!右目をカットしたり、鼻血が出たりと井上選手にしては珍しい場面もあり、やばいかもと思いました。途中で足に異変もあったみたいで、苦しい中よく頑張ったと思います!ドネア選手のプレッシャーも強く、このまま判定だと厳しいかなという状況でしたが、最後の最後に伝家の宝刀、左ボディブローが決まりましたね!何故、ボディを打たないんだろうと思っていましたが、恐らくドネア選手も相当警戒していたんでしょう。もしかしたらボディブローは終盤まで取っておく作戦だったのかもしれません。これで正真正銘のモンスターになりましたね!

  • 井上尚弥さすがとしか言いようがない。ドネアのパンチをモロに食らった後、足に来ていたのかパンチにいつもの破壊力が無かったけど、感覚が戻った10R以降は強かったね。しかしドネアも井上をダウン寸前まで追いつめたし、やはりこの2人は別格だと思う。終わった後の互いをリスペクトする姿勢も含め、良い試合を見せてもらって感謝です。

  • ボクシング経験者ですが今まで見てきた中でもベストな試合でした。

    本当に死闘というのはこういう試合ですね。
    間合い1つとってもお互いが絶妙な攻防を仕掛けてましたし左ジャブを当てて井上選手はリズムを作ってても一発で壊すパンチをドネアは持ってる。

    一番驚いたのはドネア選手のコンディションですね。
    年齢を考えると12ラウンドを闘うには序盤はもっとスローな展開と予想してましたが井上選手が下がる位に前に出て来ましたしその効果もあり井上選手のまぶた付近から出血した。

    この展開で井上選手は冷静になれないで自分のボクシングが出来てなかったですね。

    しかし後半にドネアのパンチ力を警戒し過ぎず手数を増やして圧力をかけてドネアを押し返し井上選手のリズムになりあのボディーが生まれた。

    そこからのドネアの忍耐力と経験値の高さ、井上選手も疲れていたのでKOは出来ませんでした。
    あと一歩の勇気が勝利に繋がった!

  • ドネアはやっぱり強かったですね。全盛期を超えてると言われてたけど、もうすぐ37歳でここまで仕上げてきたドネアは誰もが疑う余地がないレジェンドですね。

    試合には負けたけど、再び世界中にドネアの強さを証明できたのではないでしょうか。

    井上尚弥もあわや負けてしまうかと思うくらいの厳しい戦いで、今日の試合は凄く大きな経験になりましたね。

    今日の厳しい戦いが井上尚弥をさらに成長させ、とんでもないボクサーへ変わってくれる事を信じています。

    この長い試合間隔でストレスが溜まっていたのを、こんな素晴らしい試合をしていただいて、井上尚弥とドネアに感謝します。

    溜まりに溜まってたストレスが一気に解消できました(笑)
    最後は手に汗かいてかなり興奮してたので今日は何時に寝れるんだろう(笑)

  • 感動しました!井上選手おめでとう!
    ドネア選手も素晴らしいファイトでした!
    最高の試合を見せてくれてありがとう!!

  • 長谷川、山中、村田のコメントの裏目ばっかの展開で難しい試合だったんだと思う。力の入る最高の試合でした。苦笑いしている井上尚弥を初めて見た。ドネアも相当強く研究してきたね。素晴らしい選手でした。


  • ドネアがこんなに強くなって仕上げてくるとは。化け物だね。
    2:1やドロー、敵地だっとら判定負けもありえる内容だった。
    ダウン奪ってなんとか、見映えよくなったけど。

    全ては2ラウンド。
    少し傲りがあったように見える井上の戦いかた。
    ドネアは見逃さず左をクリーンヒット。
    あれは効いた。カットもしたし、あれが後半まで影響してた。
    丁寧に試合していたら、もう少し井上有利に展開したと思う。

    あと、心なしが試合前の表情も気負ってるように見えた。ケガかコンディションに何かあったのか、弟の試合結果が影響してたのか。

    とりあえず判定でも勝てて良かった。
    ドネアも右ストレート立て続けにもらってたね。
    あれは西岡を一発で沈めたパンチだから、ダメージはあったはず。
    井上が打たれ強いことも証明した。

    これが一流同士の試合なんだね。
    鬼塚や辰吉の頃のような、魂と肉体のぶつかり合いのような、激闘派の試合だった。

  • 本当に長い長い12ラウンドの戦いでした。特にやや劣勢を強いられた中盤の長かったこと・・・。正直ドネアのこれだけの仕上がりは予想できなかった。ベテランらしく、動きの無駄を一切省いて、壁ガードからとにかくすべてのパンチをコンパクトに出して井上のスピードに対抗していた。井上は中盤から相当圧力を感じていたと思う。井上自身の体の異変ももしかしたら何かあったのかもしれないが、やはりここまでの試合になったのはひとえにドネアの百戦錬磨の戦術と頑張りに他ならないと思う。ドネアという大きな壁を通じて、井上はこれまで知ることの出来なかったボクサーとしての自分自身を今回知ることができたのではないだろうかと思います。本当に歴史に残る、記憶にも心にも残る素晴らしいファイトでした。

  • 純粋に最高の試合でした。
    ドネアはキャリア総決算の意気込みで万全の状態に仕上げてきたことが試合を判定までもつれさせた要因でしょう。ピーク時だったらという声もありますが負けや苦戦を通してえた力もあるからこそ、このボクシングだったのではないでしょうか。

    しかしモンスターも人の子、出血や被弾を経験して更に凄みをましていくことになるでしょう。
    この試合でわかったことは井上尚弥の「打たれ強さ」、あの右ストレートをもらっても倒れず次の回には回復しているとは、、、

    また一段高い景色を見せてくれることを楽しみにしています。

  • いやぁ、井上尚弥も人間であることがわかって安心したよ。(笑)
    スリリングで面白い試合だったと同時に今まで底が知れなかった井上の底が少し観れた気がする。
    それはあまり打たれていなかった事で、強いパンチが当たったらどうなるのかという疑問に答えが出た試合でもあった。
    10Rまではどちらの手が上がっても良いような接戦だったが、左ボディーのダウンで井上の勝ちは決まって彼は生き延びた。
    ある程度打たれピンチも経験し、目もカットし、12Rフルに戦ったことにより井上尚弥のこれからのボクシングがより凄味のあるものになるような気がする。
    これからの井上は自分自身の脆さやスタミナを把握しつつ、より洗練されたボクシングを確立していくのではないかな。

  • ドネアは最後意地でしたね。
    最後まで心折れずに起死回生の1発を狙ってる生きた目をしていて最後まで井上を詰めさせなかった。ダウンしたボディーも首の皮1枚逃がしていた感じだったし。
    それを感じて対応する井上も見事でした。
    ヒリヒリする真剣をぶん回した紙一重の勝負。
    こんな勝負がもっと観れるのなら初めから団体2つくらいにしてくれたらなとも思いました。


  • まずは井上尚弥選手おめでとうございます。

    井上にとっては今までにない、良い経験になったと思う。
    今の時期に、このような経験をした井上は更に強くなると思う。

    井上も勝った事も嬉しいと思うが、素晴らしいファイターのドネアに感謝の気持ちも大きいと思う。

    井上尚弥さん、貴方もレジェンドになれる。
    今日の試合を見て強く思った。

    お二人とも素晴らしい試合をありがとう。
    そして、お疲れ様でした。

  • まずはおめでとうございます

    ドネアはやっぱり強かった
    序盤にカットしてからいつもの尚弥でないように感じた
    中盤あわやダウンかと思わせられるパンチを受けたけどなんとか耐え終盤のドネアダウンに繋がった
    どちらもレベルが高くパンチの応酬、それをかわすディフェンス力
    素晴らしい試合でした

    暫くゆっくり休んでケアしてください

    お二人とも本当にお疲れ様でした
    いい試合を見せてくれてありがとうございました

  • ドネア強かったぁ。
    井上がプレッシャーかけられて足使ったり、クリンチすることがあるとは。井上のことずっと化物を思ってたけど、ドネアの前では同じ生身の人間だとわかって安心した。
    ドネア全盛期より体力は落ちてるかもしれないけど、代わりに老獪さが増してる気がした。
    井上は今まで強豪と戦ってきたけど、圧勝したきた。
    初めて力の拮抗した相手とやったんじゃないの。採点では圧勝してたみてただけど、素人目には僅差に見えた。
    こういう試合に勝ったことで、また一つ上のステージに上がる気がする。
    おめでとう。

  • 井上尚弥選手は中盤にふくらはぎあたりの故障が起きていると思います。ボディ打ちが少なかったのも、踏ん張りが効かない状態だったんではないでしょうか。もちろん序盤はカウンター警戒で納得できますが、これほど腰高で手打ちの井上選手は初めて見ます。それでもなお挽回し、ダウンを奪うとはとんでもない力量です。ドネア選手もここまで仕上げてきてくれたからこそ生まれた最高の試合でした。両者ともに素晴らしい。井上選手はまぶたのカットとともに足のケアもしっかりして、ゆっくり休んでまた最高の試合を見せてください。

  • この試合、序盤は井上選手を応援していました。
    ですがドネア選手が劣勢になった時、これ以上ドネア選手を攻めて欲しくない気持ちが沸々と湧き上がってきました。

    でもいま思えば、この2人はきっと拳を交えながらお互いの事を考え合っていたのだと思います。

    もちろんお互い勝利のために死力を尽くしたわけですが、あの試合後の抱擁にはいつも見ているものとは違う温かさを感じました。

    きっと井上選手が負けてたらとてつもなく悔しくてたまらなかったと思います。

    ドネア選手が負けたから安心感でこの気持ちになったのではなく…なんて言えば…

    いいお父さん感が凄くて、いま感動で泣いてます。

  • 全盛を過ぎたドネアだから5回までに倒すと言って見縊っていた事を訂正します。

    入場の時アップで映った井上の顔にデキ物がチラホラ見えたので体調は完璧じゃないな、と直ぐ解りましたが、やはり脚が浮いた状態で何時ものパンチ力では無かったですね。そこにカットされかなり焦りを感じているのが解りました。若きチャンピオンとベテランのスーパーレジェンドチャンピオンの強さ上手さの違いがはっきりと見て取れました。
    結果は井上が勝ちましたが、それでもドネアはやはり最高のスーパーボクサーです。
    逆に全盛のドネアだったら井上はやはり勝てなかったでしょう。
    井上はこれまでのラウンド経験が短すぎる事が欠点かもしれない。

    辰吉以来、久々にヒヤヒヤしながらドキドキしながらボクシングを楽しく観ました。
    これで井上が更なる進化を遂げ、更なる無敵ボクサーとして君臨する事だと思います。
    今の階級に留まるのはもう限界でしょう。

  • 井上尚弥選手、おめでとう。
    ドネア選手、ありがとう。
    いい試合を見せてもらいました。

    2R、井上尚弥がスピードに差がありすぎたせいかちょっとドネアをナメて、足を止めて打たせたところに左をもらってしまい、右瞼はカットするは、鼻血は出るは、足は止まるは、かなり危なかったですね。

    でも、おかげで想像もしない名勝負になりました。

    途中から激しい攻防、ハードパンチとダッキングの応酬で二人がお互いをリスペクトしあい、最高の好敵手に会って、明らかに試合を楽しみはじめました。

    ドネアは実質、10カウントダウンを喫しながらも諦めずに立ち上がったので、レフェリーの武士の情けか試合続行でき、意地でも倒れまいと踏ん張り、井上尚弥のポテンシャルを引き出しました。

    最高の壁でしたね。

    あっという間の12R。

    終わった瞬間の二人の笑顔と抱擁。

    ノーサイド。

    ボクシングの素晴らしさを満喫しましたよ。

     

  • 長谷川、山中と偉大なチャンプが凄いテクニックの攻防だと解説していて両者がカウンターを警戒する姿はお互いの強さを感じているんだとわかった。井上には出血で慣れない戦いになったから苦しんだ分、今後はまた経験を得ただけ強くなりそう。本当に興奮させられました

  • ドネアは今でも強かったし、WBSS初戦や準決とは仕上がりが違ってました。しかもドネアクラスの選手が日本のリングに上がってくれたのは、やっぱりファイナルに上がった井上も強かったから。確かにキャリア最初で最大の苦戦だったし、負けも頭をよぎった中であのボディ…苦戦の中であれを出せる井上も更に凄いと感じた試合でもありました。負けが付いたらいけないが、この厳しい戦いを乗り越えたのは、今後のキャリアを考えると良かったのかも知れない。PFP3位の座は逃したけど、誰もが心配していた打たれた場合の耐性がこれで明らかになった訳で、ドネアクラスのパンチにも12Rにも、そして11〜12Rの最終盤になってもあのパンチが打てる事がわかったのが嬉しい。

  • WBSS勝利おめでとうございます。
    テレビで試合を見ていたのですが、師弟対決のように、ドネアは最後まで井上尚弥の成長を全身で感じていたのだろうと思います。
    井上尚弥も、最後まで守りに入らず攻め続け、成長を感じて貰えたと思います。
    両者共に、素晴らしい試合で感動しました。
    ありがとうございます。

  • 間違いなくドネア選手は強かった。正直、負けてもしょうがないと思ってたくらいだし試合みて改めて思った。

    派手さや雰囲気だと井上選手と思う人も多かっただろうけどテクニックがドネア選手は凄い。
    それにドクターストップの可能性が高かったマブタカットなど技巧派ともいえた。
    井上選手の目標としていた勝ち方ではなかったかもしれないが充分だと思う。

    余談だけど弟で暫定世界王者だった拓真さんも頑張ったとは思う。判定までもつれたし。
    暫定とはいえ王者の力を見せたと思うけど正規の壁は厚かったですね。

    それでも、一度でも世界王者という肩書をゲットしてるだけでもすごいけど。

  • 井上はこれまで殆どを短時間KOで勝ち上がっており、スタミナや打たれ強さがどうかと思う部分もあったが、終盤でも疲れはあるものの体幹もしっかりして鋭く打ち返していた。
    ドネアはあれだけの威力のパンチを貰いながらも畳みかけさせずに、相打ち上等でプレッシャーと鋭いカウンターを出しており、今迄の相手とは段違いの打たれ強さだった。

    両雄の技術と意地が激突した素晴らしい試合であり、また井上がここまで苦戦した事は無く、尊敬するドネアとこれだけの試合が出来たのは一生の宝だと思う。

  • 久し振りに凄い試合を観た!
    両者とも素晴らしい。
    互いに尊敬し合っているからこその正々堂々とした打ち合いだった。
    井上選手の出血に対して、ドネア選手もパッティング等の姑息な
    手段を取らずパンチのみで倒そうとする姿勢はやはりレジェンドと
    言われる所以である。
    素晴らしい試合を魅せてくれた両者を称えたい。
    ありがとう!
    出来れば半年後ぐらいに再戦して欲しい。

  • ドネア、体が大きかったし頑丈!って感じだった。
    なかなか倒れない。
    どちらも左が良かった!あのダウンがなければ危なかったと思う。
    最後に素晴らしい表情で健闘を称えあう姿は、真摯に頑張ってきた者だけがわかる想いなのだと感動しました。
    素晴らしい試合を見せてもらえて幸せです。

  • 今回は紙一重の勝利でしたね。相手との相性やコンディションや心理状態はいつも違うもの、それでも勝つのがチャンピオン。危ない場面はあったけど勝てて良かった。この勝利でまた強くなるんじゃないかなと思うね。優勝おめでとう。

  • 2R目に少し余裕を出した感じがあった気がする。そこでパンチ貰ってカットした。カットが無かったらもっと余裕な試合運びが出来た。経験の差は凄い感じた。ダメージを受けた経験が少ないから、少しのいつもと違う積み重ねを感じた。でも勝てて良かった。最初から最後までハラハラして、凄い試合だった。

  • 今年最高のベストバウトだと思います。おめでとうございます。
    新たなレジェンドロードへの第一歩を踏み出す瞬間となる勝利でした。次はゾラト・テテとの戦いになると思いますが、ドネアの築いた王者としての伝説と威厳を引き継ぎ、前進してほしいと思います。
    今は、ゆっくりと傷を癒やして休んで下さい。本当にお疲れ様でした。
    テレビの方々も、出演依頼は程々にして休ませて下さいね。

     

  • 大方の予想に反してドネアの善戦により、過去最大の苦戦を強いられた一戦だった。11Rのダウンがなかったら微妙な判定になるかと思った。ドネアのタフネスさと精神力がひかる試合内容。井上としては判定勝ちしたが、課題の多い試合になったかと思う。今後、階級をあげ複数階級を制覇するには、まだまだ課題が残る一戦だったかと思う。ただ最後はお互いを称えあい良い試合だったと思う。

  • スゴい試合だった。いや本当に。
    流石ドネアだな。年齢やスピードで不利だったにも関わらずキャリアと全盛期とはいかなくてもパワー、そして誇り高いプライドで見事に井上の前に立ちはだかって熱い試合を魅せてくれた。本当に脱帽。感謝です。
    井上は本調子ではなかったかな。いつもの力強さはなかったな。何処かアクシデントがあったのか?序盤に目尻をカットしてスピードで優位にたっていても中盤まで苦しい展開だった。
    それでも後半になってベストのボディーショットが炸裂して勝ちきったのは流石。苦しい試合ではあったが井上にとって今までの試合の中で
    いい経験になる価値ある試合だった。
    素晴らしい試合をありがとうございました。

  • 井上尚弥選手はこの上なく強かった。
    でもドネアがなぜ君臨してきたかも
    わかる試合でもありましたね。
    底抜けに上手く強いボクサーだったからこそ
    ここまで一線で活躍されていたんだと思います。
    そこを倒した井上尚弥がやはりすごい

    試合後に何度もドネアを称えていたので
    いかに今まで尊敬してきたかがわかりました。
    そんなドネアを倒した井上尚弥選手はうれしいだろうな
    すばらしく見応えのある伝説にのこりそうな試合でした。


  • ドネアは強かった。井上は目の上をカットしてから積極性が下がり、いつもの踏み込んだパンチがないために予想以上に苦戦した。やはり、勝負を決めたのは左のボデ-ブロ-によるダウン。あれが無かったらどうなったか分からなかった。
    井上はテクニックのある選手と対戦して、学ぶことが多かったので、ますます強くなるだろう。

  • 凄い試合を見せてもらいました。
    途中は井上選手がダウンするのではと冷汗を握りました。
    世代交代かもと言われてましたがドネア選手は、俺を超えれるもんなら超えて行け、と言っているような感じを受けました。
    試合後に井上選手に近づいて讃えてましたね。
    判定負けはドネアは分かってたと思います。
    井上選手には今まで無かった経験になったと思います。
    これからもモンスターで頑張って下さい。

  • 2ラウンドにカットしてからガードと出血で左目だけで戦ってるようなものだった。しかも相手は左が必殺の武器で右目の視界が塞がったら戦いにくいに決まっている。普通ならそこを突かれるが、攻めさせなかった。視線や圧の掛け方など、スゴい技術戦だったと思う。予想より苦戦したと思われるが、ドネアのウエイトの戻し方がエグかったのでは。大きく戻して耐久性を高めたのだろう。明らかに階級が違って見えた。

  • ドネア選手の凄さを改めて実感。
    確実に歴史に残る名試合になったと思う。
    井上選手も恐ろしくカッコ良かった。
    素晴らしい試合をありがとう!
    ドネア選手も日本に来てくれて、ありがとう!
    2人共、お疲れ様でした。
    最高の試合をありがとう!

  • 長年ボクシングを観てきましたが、最高にいい試合でした。
    二人とも、苦しい展開でも本当に楽しそうでした。
    厳しいトレーニングや減量、同年代がまだ遊びまわっているなか、ストイックな日々を過ごす井上選手。ピークを過ぎたかと言われるなか、ベテランの凄みを見せつけたドネア選手。

    10ラウンド以降は、もう完全に二人の世界でしたね。
    勇気を携え、憧れのチャンピオンに挑戦した井上選手。
    勢いのある若手にちゃんと高く厚い壁になるため、最高に仕上げてきたドネア選手。

    間違いなく、井上尚弥選手を強くしたのはドネア選手。井上尚弥選手を強くするために、あのダウンでも立ち上がってくれた。
    チャンピオン井上尚弥が、青コーナーの挑戦者に戻った様な試合でした。

    こんな凄い試合、観ることができて幸せです。
    ありがとう、ドネア。
    井上選手、また応援するぜ!
    最後に、『ネリ、君じゃない』。

    54歳 オッサンより

  • すごい試合だった。
    ドネアがまた打たれ強い。あの年で回復力が半端ないし、打たれた後のラウンドは相手に攻めさせないように逆に攻勢になって攻められないように休んだりと試合運びや動きの巧みさがあった。うまさのドネアと速さの井上だったが技術的にみるとまだまだドネアの方が上の部分があるので、勉強になったのではないか。
    とてもいい試合だった。

  • 勝利おめでとうございます
    夢中で、試合観ていました。
    本当に本当に素晴らしい試合でした。
    こんなに夢中になってボクシングを観たの初めてだし、ボクシングをスポーツと感じれたのも初めてでした。
    感動をありがとうございました。
    体、休めてあげて下さい
    これからも更に大きくなった井上尚弥選手の活躍を楽しみにしています!!

     

  • 二人の選手には申し訳ないけど「永遠に見ていたい・・・」そう思わせる様な息詰まる攻防。
    バンタム最強、いや、PforPを決める決勝に相応しい凄い試合でした。
    おそらくドネアは、井上という凄い才能の台頭に、自分が長年守り抜いて来たものを託すに値する相手かどうかを確かめるためにここまで仕上げて来たんだと思うけど、この試合できっと確信したんじゃないかな。
    彼になら満を持して託せると。
    自分史上、最も強い相手との最も苦しい試合を制しての優勝に井上選手の喜びも一入でしょうね。おめでとうございます。
    とにかく凄いものを見せて頂きました。両者とも本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


  • 井上尚弥は、今回の試合でかんたんに勝たなくてよかった

    本人も周りの人間も誰もが最強だと思ってたところに、苦戦してなんとか勝利したことで、自分がまだまだ強くなる必要があることに気づけたと思う

    ドネアが全盛期なら、果たして勝てただろうか?と明日以降思うはず
    これからもっともっと強くなれる

    圧勝だったらある程度満足してしまいそうだったので、本当に良かったと思う

    まだまだ強くなる井上選手みたい
    そして今日の試合についての感想が聞きたい
    今後についても聞きたい

  • 目の上の傷、有効打でなったから半分負けてしまうかと思いながら見てた。
    傷の悪化でレフリーストップになれば井上の負けもチラつく中、しのぎながら11Rのダウン
    体力もあり、内容も削り合いの試合で手に汗が出てた。
    こういう勝ち方も強い証拠だし、ドネアの1戦は井上にとって大きな財産となったと思う。
    おめでとう
    ゆっくり休んで次戦も楽しみたい。

  • ドネアの気迫がすごかった。
    井上があんなに押された試合は、たぶん初めてのこと。
    ただ、それでも要所ではパンチを決めていたけど、今迄のように
    きれのあるパンチではなかった。
    ドネアは全盛期のような出来で、尚弥も危ないシーンもあった。
    ダウンを取ったあと、いつものように決めにいったけど、力が入ったのかパンチが大きすぎて決めきれず、キャリアの浅さを感じた。
    この試合を見て、上の階級からオファーがくると思います。
    次回からは、ぜひアメリカでやってほしい。

  • 結果は判定勝ちでしたけど
    試合内容はこれからの明るいボクシング人生を表すような内容でしたね
    解説の方も言っていたようにいつまでも見ていたい贅沢な試合でしたし、お互いが笑顔ですぐに健闘を称えあっていたのも頷ける好ゲーム
    ドネア選手も肉体技術精神すべてが揃った良い選手でみていて気持ちがよかったです
    試合後は自然と両選手に拍手を送ってました

  • 井上尚弥はドネアを警戒しリスペクトするあまりか、終始固かった。
    ドネアのプレッシャーの中、如何に尚弥のディフェンスが凄いとはいえ、下がりながらの手数ではペースを握れなかったのが苦戦に繋がってると思いました。
    井上尚弥は攻めてこそディフェンス力が生き、相手に手数を出させないアグレッシヴさを出せば無敵に感じた。
    そしてこの勝利で得た物は5階級の化物と12R打ち合いピンチを経験し、それらを乗り越えた事が大きな財産。
    ここからまた進化した井上尚弥を見れる事が幸せでならない。
    決勝がドネア選手で本当に良かった、井上選手優勝おめでとうごさいます!

  • 素晴らしい試合を見させていただきました。
    両選手を心から讃えたいです。

    井上選手があれほどのパンチの数を被弾、流血、ダメージのあまりクリンチで凌ぐ、、、今まで見たこと無いシーンの連続でした。
    それほどドネア選手の技術、仕上がりが素晴しかったんだと思います。

    しかし、それでも勝ち切る井上選手も素晴らしい。

    この経験から得るものは凄く大きいのではないでしょうか。
    更なる高みへの飛躍を期待しています!

  • 前回の試合を見比べて井上がスピードで圧倒する
    かなと思っていたが、ドネアがそうはさせなかったね。
    やはり井上は時たま不用意にパンチを貰うことが
    あるので、気を付けないと危ないね。
    にしても、井上はどこか悪かったのかな。ドネアの
    フレームが大きかったとはいえ、パンチに余り
    力が入ってなかったように見えたけど。
    パンチを当てても前に来られて目も切って厳しい
    展開でした。それでも最後はダウンを取って勝つ
    あたりは、さすがというべきか。
    今日の試合は井上の大きな財産になりましたね。

  • 今回やった早めの減量ってのが微妙だったのでは。井上尚弥にしては脚が動いてなかったし、攻めも序盤はボディー打たずにKO狙いすぎてたように見えた。ただそれでも勝てたし、打たれ強さと超一流相手にフルラウンド闘えることも証明できたとも思う。

  • すごい試合だった。いつもの井上尚弥ではなかったと思うくらい、ドネアはさすがの百戦錬磨。目の上を切って、鼻血を出した井上なんて初めて見た。
    でも冷静に、確実に差をつけていった。でも、フィニッシュまで持ち込ませないのは、さすがドネア。
    最近、短いラウンドで終わっていた試合ばかりだから、この伝説の試合を制して、更に大きく偉大なチャンピオンになっていく。
    また、楽しみが増えていくのが嬉しい。

コメント