ドラマ「M」が話題の浜崎あゆみ エイベックスが振り込んだ1カ月分のギャラ「驚きの金額」は… | rugle:neo

ドラマ「M」が話題の浜崎あゆみ エイベックスが振り込んだ1カ月分のギャラ「驚きの金額」は…

NEWS




画像

自伝的小説が原作のドラマ「M 愛すべき人がいて」が話題の浜崎あゆみ。エイベックス会長の松浦勝人氏との実際の関係や、浜崎の資産などを報じた「週刊文春」2019年9月12日号の記事を全文公開する。(記事中の年齢、日付、肩書などは掲載時のまま)


「あゆが『自分の身を滅ぼすほど、愛しました』というほど松浦さんに恋い焦がれていたとは、相当意外でしたね。だって、あゆは松浦さんのことを……」



 歌手の浜崎あゆみ(40)と10年以上付き合いのある知人は、そう語る。


 8月1日に発売され、13万部を突破した浜崎あゆみの自伝的小説『 M 愛すべき人がいて 』(幻冬舎)。描かれているのはデビュー当時の浜崎と、育ての親である音楽プロデューサーで現在エイベックス会長の松浦勝人氏(54)との恋物語。六本木のディスコでの出会いから、松浦氏が浜崎の母親に「付き合っています。真剣です」と宣言し、翌年暮れに別れるまでを初めて赤裸々に明かした。浜崎が作詞した曲の数々は、松浦氏へのラブレターだった。

画像


「昨年デビュー20周年を迎えた浜崎は、今は2年越しのツアーの真っ最中。“暴露本”の出版は、その起爆剤として仕掛けられたのです」(エイベックス関係者)

 ドラマ化も決定している(2020年4月18日から放送開始)。

「テレビ朝日とAbemaTVの共同制作です。主演はエイベックス所属のアーティスト・安斉かれん(20)、主題歌は浜崎自身が唄う案が出ています。テレ朝は、夜のドラマ枠の強化が懸案事項だったため、ベストなタイミングだった」(テレビ朝日社員)「あゆと松浦さんの深い仲は公然の秘密だった」

 デビュー当時の浜崎を知る音楽関係者は「あゆと松浦さんの深い仲は公然の秘密だった」と話す。

「彼女はデビュー前、ダンススクールを経営する名古屋出身のダンサーと付き合っていた。彼は松浦さんとも親しく、『あゆとの関係が松浦さんにバレたら殺されるよ』と常々言っていた。そのうち、あゆは松浦さんと正式に付き合うようになり、松浦さんはTK(小室哲哉のこと)が持っていた東京・浜松町のラウンジにあゆを連れて『俺の女だ』と自慢して回るようになった。あゆは満更でもなさそうに、松浦さんの腕に絡みついていた」

画像

浜崎が松浦氏に陰でつけていたコードネーム

 浜崎は松浦氏を「マサ」と呼んでいたが、陰ではコードネームをつけていた。

 その名は“ねずみ男”。

「あゆは、顔が『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男に似てるからと言っていました」(前出・知人)

 浜崎は歌姫としてスターダムを駆けあがり、松浦氏と破局後、2001年から3年連続でレコード大賞を受賞。エイベックスの売上の4割を叩き出すまでになり、全盛期にエイベックスから振り込まれた金額は、月3億円超だったという。南青山、田園調布……松浦氏を後追いする浜崎

 そんな浜崎が港区南青山の一等地に聳え立つ5階建ての豪邸を購入したのは2005年のこと。同物件は、もともと松浦氏が02年に売却したものだった。浜崎は17年にこの豪邸を手放すと、同年5月に大田区田園調布の大豪邸を、母親が代表を務める個人会社名義で購入している。

「田園調布の物件の一区画には、もともと松浦さんが家族で住んでいた家があります。さらに、徒歩数秒のところには、松浦さんの資産管理会社が所有する一軒家が建っています」(同前)

 1998年のデビュー以来ずっと、松浦氏に恩義を感じているという浜崎にとって、松浦氏の後追いこそ成功の象徴なのだ。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年9月12日号

コメント

タイトルとURLをコピーしました