《現役歯科衛生士が教える》就職活動の面接時に気を付けておきたいこと3選 | 現役歯科衛生士が教える表と裏

《現役歯科衛生士が教える》就職活動の面接時に気を付けておきたいこと3選

歯科衛生士
Business people interviewing young businesswoman in office




面接のときに気を付けたいこと

面接はあなたのことを判断する場です。なのでできるだけ好印象を与えたいですね。

面接時に気を付けたいことは多いです。しっかりおさえておきましょう。

身だしなみ

髪の毛は清潔感のある髪型を意識すると良いです。医療人には清潔感が不可欠です。

そして社会人としてふさわしいかなどの印象も見ているため注意が必要です。

就活女子の髪型 ロングヘア―のアレンジを人気業界ごとに紹介!! | ココカラ就活

夏場など汗をかく場合は髪型が乱れやすいため、髪をまとめると安心です。変に顔の周りに髪を出すよりも全部まとめてすっきりさせた方が好印象と言えるでしょう。

当たり前ですが面接時は髪の色は黒に近いようにしておきましょう。

爪は長すぎないように切っておきましょう。ネイルはやめておきましょう。

メイクは派手過ぎず自然な感じにしましょう。社会人としてノーメイクはよくないので、つけまつげや派手なカラーコンタクトは避けましょう。

香水も香りのきついものはやめておきましょう。

服装

基本はスーツです。スカートは膝がのぞく程度が最適な長さです。

また、ジャケット・スカート後ろに仕付糸がついている場合があるので、着用時には外すことが必要です。

ブラウスのボタンは全てとめるか、第一ボタンを開けるのが一般的です。全てとめる場合、首回りに余裕があるものを選びましょう。

スキッパータイプのブラウスは首回りにボタンがないので首回りが気になる人はすっきりとした印象になるためおすすめです。

面接前に汚れ、しわがないかと合わせて確認を行いましょう。ブラウスはしっかりとアイロンをかけておきましょう。

ストッキングをはきましょう。素足は厳禁です。色味も肌に近い色を選びましょう。もし伝線したり破れてりした時のために予備を持っておくと安心です。

靴は黒のパンプスが良いです。ヒールの高さは5㎝以下が好ましいです。

コートはトレンチコートが一般的です。必ず面接先に入る前に脱いでから面接先に入りましょう。

アクセサリー

アクセサリー類、ピアスやイアリング、ネックレスなどはしないようにしましょう。

腕時計はしてもいいですがシンプルなものにしましょう。携帯時間を見ると携帯をいじってると勘違いされることもあります。

まとめ

歯科衛生士の一般的な就職先は開業してる歯医者が多いと思います。

なので堅苦しくしすぎなくてもいいと思いますが、好感を与えるにはしっかりとした格好が望ましいです。

就活の時に聞いておくべきこと、就職先で見ておくべきことをまとめたのでよかったらそちらも見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました