《現役歯科衛生士が教える》歯科医院の新型コロナウイルスの対策って何してるの? | 現役歯科衛生士が教える表と裏

《現役歯科衛生士が教える》歯科医院の新型コロナウイルスの対策って何してるの?

歯科衛生士




はじめに

各業界、専門機関等による新型コロナウイルス対策のヒント、ガイドライン - ちよだコミュニティラボ

新型コロナウイルス。未知のウイルスで歯科業界に限らず世界の皆が今気になっていることだと思います。

落ち着いてきたかと思えば冬場はまた流行ると言われてたりなかなか安心できる日々は来ないですね。

歯医者って歯が痛くなったりとか歯が欠けたり、詰め物や被せてた物が外れたりすると行かなければならないですよね。

でも歯医者って口の中を見せるので至近距離だし、飛沫感染とか聞くけど大丈夫なのか不安だと思います。

そんな不安に少しでも参考になれば幸いです。

新型コロナウイルスの対策は何をしてるの?

当院の新型コロナ感染症対策|医院からのお知らせ|山本歯科クリニック|豊川市諏訪

新型コロナウイルスに関わらずスタンダードプリコーションという考えはもちろんあります。なので滅菌はもちろん、グローブなどは患者さんごとに変えています。

今はマスク、フェイスシールド、メガネかゴーグル、グローブをしています。マスクは午前、午後で変えています。

また、殺菌水と言われる次亜塩素酸の配合された水をユニットの水からは出るようにしています。

他にも受付には次亜塩素酸の入った噴霧器を置いていたり、空気清浄機を診療室に置いていたり、受付の扉を開けておいて換気をしたりもしています。

他にもクリーニングの際は口腔外バキュームを使用しています。口腔外バキュームは周りに飛んだ飛沫など吸ってくれます。

歯科医、歯科衛生士、歯科助手はコロナになりやすい!?

シャワーの水圧が弱い原因と対処法4つ | ライフハッカー[日本版]

あるニュースなどで歯科医、歯科衛生士、歯科助手は新型コロナウイルスにかかるリスクが高いと見ました。

実際に口腔内を触るので距離も近いですし、エアロゾル(空中に漂う微粒な粒子)ももちろん発生します。

だからこそ上にも記載したような感染対策はしっかりとしています。

家に帰ってからもすぐにシャワーを浴びるようにしています。

まとめ

器具などは今まで通り滅菌、消毒はしています。

でもやっぱり空間にも気を使って空気清浄機を使うようになった医院も多いと思います。

あくまで私の勤めている医院での話なので他の医院のやり方はわかりませんが、行った際に聞いてみてもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました